コンサートにスタンド花を送るには

コンサートにスタンド花を送りたいと検討している人にとっての疑問は、コンサートに贈る際に何を注意すれば良いかということです。相手に喜んでもらえるよう気を遣うのは当然のことです。正しい贈り方を知らないと迷惑をかけてしまうかもしれません。そこでこの記事では、コンサートにスタンド花を贈る方法について紹介します。

 

なぜコンサートにスタンド花を送るの?

スタンド花

コンサートにスタンド花が贈られる理由について解説していきます。

 

場を盛り上げるため

1つ目の理由は、美しく派手なスタンド花を贈ることでコンサートを会場を飾り付けて、会場をさらに盛り上げるためです。コンサートという華やかな舞台を、スタンド花によってさらに華やかにするのです。

 

出演者のモチベーションを高めるため

2つ目の理由は、開演祝いや楽屋見舞いとしてスタンド花を贈ることで、出演者のモチベーションを高めるためです。楽屋に美しいスタンド花が飾られることで出演者からも喜ばれます。自分の好みの花や大きくて派手な花が飾られていれば誰でも気力が高まるものです。出演してくれる人のために気持ちを込めてスタンド花を贈ると良いでしょう。

 

コンサート告知のため

3つ目の理由は、派手で目立つスタンド花があればコンサートが行われることが周囲に分かりやすく伝わるためです。スタンド花はとても人目を引くものなので、会場にスタンド花がたくさん飾られていれば、非常に目立つことになってそこでコンサートがあることが分かるのです。コンサートのことを知らなかった人の興味を引くことができたり、コンサート会場を探している人にとっての目印になったりしています。

 

コンサートにはどんなスタンド花を贈ればいいの?

胡蝶蘭

コンサートに贈ると好印象なスタンド花を紹介していきます。

 

鮮やかな色合いのスタンド花

1つ目は、赤色や黄色などの華やかで目立つ色合いの花をふんだんに使ったスタンド花です。暖色の花をたくさん使うことで明るい色合いのスタンド花になるので、飾り付けられた会場そのものが明るい印象になり、出演者にも喜んでもらえることが多いです。

 

 

大きなスタンド花

2つ目は、サイズが大きくボリュームのあるスタンド花です。大きなスタンド花は見た目にインパクトがあり、人目を引き付けることができます。広いイベント会場でもボリュームのあるスタンド花であれば見劣りすることがなく、会場をさらに華やかなものにしてくれる効果があります。

 

胡蝶蘭を使用したスタンド花

3つ目は、胡蝶蘭の花を使っているスタンド花です。胡蝶蘭には「幸福がやってくる」という非常におめでたい花言葉があるので、さまざまなお祝いの場面で使われている花です。当然コンサートの成功を祈って贈る花としても高い人気があります。

 

また、胡蝶蘭の真っ白な花は特徴的で、スタンド花に胡蝶蘭に使うことでいっそう魅力的なものに仕上げることができます。他の花にはない独特の魅力を持っているのが胡蝶蘭なのです。

 

コンサートに贈るスタンド花の立て札には何を書けばいい?

コンサートに贈るスタンド花の立て札に書き入れることを解説していきます。

 

「祝御講演」「祝御出演」

最初に書き入れるのが、赤文字でスタンド花の用途を明らかにすることです。「祝御講演」や「祝御出演」と記入しておくのが良いでしょう。

 

贈り先

次に書き入れる必要があるのが、スタンド花の贈り先です。贈り先の名前を間違えないように必ず書き入れてください。贈り先の名前や漢字が間違っていたりすると失礼なことになるので、きちんと見直すようにしておきましょう。贈り先の氏名が抜けていると誰に贈られたものか分からないので、うまく届かないこともあります。

 

差出人名

次に書き入れるのが、スタンド花の差出人名です。そのスタンド花が誰から贈られたものであるかすぐに分かるように、贈り主の氏名と役職を正しく書き入れるようにしてください。匿名にして贈ってしまうと誰からどうして贈られたのかが分からず、かえって贈り先に迷惑をかけてしまうおそれがあります。

 

お祝いメッセージも添えると良い

他のスタンド花との違いを出すためにおすすめなのが、名前に加えてお祝いのメッセージも記入しておくことです。「おめでとうございます」など短いメッセージでもいいので、何か自分の言葉を入れておくと相手にも気持ちが伝わり喜んでもらえます。

 

コンサートにスタンド花を贈る際の注意点

ポイント女性

コンサートにスタンド花を贈る際の注意点について紹介していきます。

 

スタンド花の持ち込みはOKか

1つ目の注意点は、スタンド花を贈ることが可能なコンサート会場であるかを確認することです。コンサート会場によっては花を持ち込むことを禁止していたり、コンサートの運営による判断で花の持ち込みを断っていたりする場合があります。

 

このような場合にスタンド花を贈ってしまうと迷惑にしかならないので、まずはスタンド花を贈っても良い会場であるかをチェックしましょう。

 

スタンド花のサイズはふさわしいか

2つ目の注意点は、スタンド花のサイズが会場にふさわしいものかどうかです。サイズの大きいスタンド花は喜ばれることが多いですが、コンサート会場の規模によっては飾るスペースがなく邪魔になってしまうことがあります。会場について調べてからどんなサイズのスタンド花を贈るかを検討するようにしてください。

 

スタンド花の回収はどうするか

3つ目の注意点は、スタンド花の回収をどうするかです。役目を終えたスタンド花をそのままにしておくと、コンサートのスタッフが処分しなければならず迷惑になってしまいます。フラワーショップでスタンド花を注文する際に、使用後のスタンド花を回収してくれるサービスも依頼しておくことが必要です。スタンド花がそのままになってしまうことがないよう注意してください。

 

まとめ

スタンド花は豪華なことから、さまざまな理由でコンサートに贈られています。大きく鮮やかで胡蝶蘭を使用したスタンド花を選択すると、見劣りすることもなく完璧といえるでしょう。しかし予算の都合もあるので、敵したスタンド花を選びましょうね。立札に書くことは簡単な内容なので、くれぐれも失礼のないようマナーを守って書きましょう。

 

スタンド花はサイズが大きいため、贈りっぱなしではなく、回収のこともしっかり念頭に置いておいてください。贈った側も贈られた側も気持ちがいいように選択しましょうね。