舞台へスタンド花を贈るときのルールについて

舞台などに行くと劇場の入口などにファンからのスタンド花を見かけますよね。

自分の好きな役者さんに応援の気持ちを込めて贈りたいと思ったことが、あるのではないのでしょうか?そこで今回は、「なぜ、舞台にスタンド花が贈るのか?」「どんなスタンド花を贈るといいのか?」についてお話していきたいと思います。

なぜ舞台にスタンド花を贈るの?

スタンド花舞台①

舞台などに、スタンド花を贈るファンがいることは、先にも述べましたが、「なぜ、舞台にスタンド花を贈るのでしょうか?」ここでは、舞台にスタンド花が贈られる理由を幾つか挙げて、お話していきたいと思います。

公演の成功を祈る

舞台公演の初日にスタンド花を贈るのは、舞台公演の成功を祈る想いを届けたいという気持ちがあります。公演初日に、ロビーにファンからの花が並んでいるのは、演者さんにとっても嬉しいものです。それだけで公演を盛り上げるパワーの後押しになります。

気軽に贈れる

スタンド花は華やかで人目につきやすく、楽屋花などよりも、気軽に贈ることができるからです。他の贈り物だと直接手渡しで渡すものが多いですが、スタンド花であれば気軽に贈ることができます。

また、スタンド花に注目を集めることで、その舞台自体への注目が集まる宣伝効果も、期待できるからです。このような理由から、舞台にスタンド花が贈られることが多いのです。

舞台にはどんなスタンド花を贈ればいいの?

スタント花舞台②

舞台にスタンド花を贈る理由はお話しましたが、では、どんな花を舞台に贈るのがいいのでしょうか?ここでは、舞台におすすめのスタンド花の種類を、値段も含めて幾つか挙げてお話していきます。

情熱的な赤いスタンド花

情熱的な赤で統一したものがおすすめです。真っ赤な美しいバラや、カーネーションやお祝いごとに最適な赤リップは、人目を引くことができます。

白い花弁の中心部分が赤く、赤さが映える赤リップは、白の清楚な印象とは対照的に、とても、華やかな印象を与える、縁起の良い胡蝶蘭です。

およそ20000円から30000円程度で購入することができます。豪華さもあるので贈られた演者さんにも喜んでもらうことができます。

白い純白のスタンド花

清楚な白で統一したものがおすすめです。白く美しい胡蝶蘭を使ったスタンド花です。およそ、15000円から20000円程度で購入することができます。

胡蝶蘭には「幸福が飛んでくる」というおめでたい花言葉があるので縁起が良く、舞台の成功を祈って贈るのにもピッタリの花です。真っ白で優雅な胡蝶蘭をスタンド花は、気品があり、豪華で魅力的な贈り物に仕上がります。

明るい黄色やオレンジのスタンド花

明るい黄色やオレンジ色の花で統一したものがおすすめです。

明るい黄色のヒマワリをメインに使ったスタンド花です。明るく元気なイメージがあります。

こちらもおよそ15000円から20000円程度で購入できます。

黄色をメインにしたスタンド花は、見た目にも、非常に明るく、周囲の目を引きやすいので舞台のお祝いにもピッタリの華やかなスタンド花です。

舞台に贈るスタンド花の立て札には何を書けばいい?

 

舞台に贈るスタンド花の、立て札には必ず、書き入れることがあります。ここでは、スタンド花の立て札に書き入れることを幾つか挙げてお話していきます。

贈る相手の名前

著名人の公演祝いなどでは、花を受け取る方のお名前を記入してください。

プレゼントした花が、誰宛に贈るものなのかが、わからなければ、せっかくお届けした花の意味がありません。誰に向けて贈られたものであるのか、はっきりわかるよう、相手の名前を忘れずに書き入れてください。

出演する舞台の公演名

贈る相手が出演する「公演名」を記入しておきましょう。どの舞台に対して贈られたものであるのかも、わかるようにしておくことが必要です。

また、人目を引くスタンド花に、「公演名」を入れておくことで、その舞台のことを多くの人に知ってもらうことにもつながります。

特定の出演者ではなく、公演自体にスタンド花を贈る場合は、「出演者名」、「公演名」を記入しない場合もあります。

出演者が多い公演の場合は、誰が、どの公演に出演しているのかを書き入れなければ、きちんと届かないことがありますので、その場合は、きちんと書き入れるようにしてください。

贈り主の名前

誰から贈られたスタンド花なのか、きちんと、わかるようにしておいてください。

スタンド花の立て札には、贈る本人の名前を書き入れますが、何人かがグループとなってまとめてスタンド花を贈る場合には、「ファン一同」などといった名義にして記入する場合もあります。

名前が入っていないスタンド花が届いてしまうと、相手に迷惑をかけてしまう恐れがあります。スタンド花を舞台出演のお祝いとして贈るときには、必要事項を立て札に書き入れることを忘れないようにしましょう。

舞台後にもスタント花は贈られる

スタンド花舞台③

先にも述べたように、スタンド花は舞台初日に贈りますが、実は、舞台後にも、スタンド花が贈られることがあります。ここでは、舞台後にスタンド花が贈られる理由をお話していきます。

スタンド花は舞台後にも贈られることがあります。舞台公演の最終日となる千秋楽を祝うためのもので、長きに渡った舞台公演を、最後まで全うしたお祝いや、労いのためにスタンド花が贈られるのです。

舞台後に贈ると好印象なスタンド花

舞台後にスタンド花を贈るとき、どんなスタンド花を贈ればいいのかは、先にも述べましたが、せっかく、贈るなら好印象なスタンド花を贈りたいですよね?

ここでは、舞台後に贈ると好印象なスタンド花の種類を幾つか挙げてお話していきます。

白い胡蝶蘭

真っ白な胡蝶蘭のスタンド花です。

白い胡蝶蘭は見た目も豪華で美しく、スタンド花には、おすすめです。

花言葉が「清純」、「幸福が飛んでくる」といった意味があり、大変縁起が良く、長い公演を無事成功させた千秋楽祝いにもピッタリです。

応援している演者さんの舞台後に贈るのに最適なスタンド花といえます。

胡蝶蘭は花粉や香りが少なく、置き場所を選ばないため、千秋楽祝いに贈りやすい花なのです。また、花持ちも良いので、しばらく、舞台後も美しさを楽しめるメリットもあります。

ブルーローズ

ブルーローズ(青いバラ)をふんだんに使った青メインのスタンド花です。

鮮やかな青色が人目を引き付ける魅力的なスタンド花で、落ち着いた色合いが舞台後の疲れを癒してリラックスさせてくれる効果があります。他の花ではあまり見られないきれいな青色で大変喜んでもらえます。

ピンクユリ

ピンクユリを使ったピンク色主体のスタンド花です。かわいらしく、優しい色合いで特に女性から人気があります。

ピンク色の優しくキュートな色合いで見た目にも癒され、舞台の疲れを癒してもらうことができます。かわいらしさを重視する場合に、おすすめできるスタンド花です。

まとめ

スタンド花は舞台の初日に公演の成功を祈る意味で贈ったり、舞台後の千秋楽のお祝いでも贈ったりします。演者さんのイメージに合った色を選んで贈るのもおすすめです。

スタンド花を贈るときには立て札の書き入れ方にも注意して贈ることも大事です。

数ある贈り物の中でも千秋楽祝いとして人気のあるスタンド花が胡蝶蘭です。

素敵な花言葉を持っている胡蝶蘭は、とても縁起が良いものとされているので、舞台に贈るのにピッタリの花です。どんなスタンド花を贈っていいか迷ってしまった場合はこれらを参考にするか、注文するショップにイメージを伝え、お任せしてみることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする