紫色のスタンド花が贈られるシーンとは?おすすめサイトの紹介  

スタンド花は、開店・開業祝いなどのお祝い事に欠かせない、エントランスを華やかに彩る大きな花です。

アイドルやアーティストのライブ・イベント、発表会や舞台でロビーを飾る大きなスタンド花がSNSで話題になったこともあります。

贈る相手をイメージしたスタンド花が特に人気で、贈る相手の好きな色をメインにしてもらったり、アイドルやアーティスト、役者のイメージカラーで統一したものもあります。

ここでは紫色の花をあしらったスタンド花はそもそも作れるのか、そして紫色のスタンド花におすすめの花や通販サイトの紹介をしていきます。

紫色のスタンド花で使われる花の種類と花の意味

紫色をメインとしてスタンド花を作ることは可能です。

紫色のスタンド花を作りたい!と思っても、どのような花が使われるのか、明確に想像できる人はあまりいないのではないでしょうか。

紫色の花というイメージで思い出してみても、あやめやラベンダー、藤といった、スタンド花に使われるイメージがあまりないものばかりです。

そこで、フラワースタンドに使える紫色の花を探してみました。

また、花にこめられた意味についてもご紹介しましょう。

王道中の王道「バラ」

ガラスの仮面という有名な漫画の中で、女優を目指す主人公の元に贈られる、一番のファンからの花束はいつも紫のバラ。

高貴で美しい紫色のバラに「紫のバラの人」のイメージを重ねる人も少なくありません。

「誇り」や「気品」「尊敬」「エレガント」といった花言葉があるので、ファンから贈るプレゼントだけでなく年上の大切な人へ敬意を込めて贈るのにも最適です。

花弁が華やかな「リシアンサス(トルコキキョウ)」

幾重にも重なった豪華な花弁が特徴的なリシアンサス。

トルコキキョウという名前の方がなじみ深いかもしれません。

その優雅な姿はスタンド花に使っても十分に存在感を感じさせてくれるでしょう。

紫色のトルコキキョウには「希望」という意味もあります。

主役を支える名脇役「スターチス」

よく花束で使われるので、名前は知らなくとも一度はみたことがあるでしょう。

紫色のレースのような細かい花のスターチスは色あせない為、ドライフラワーにして長く楽しむことができます。

花言葉は色の濃淡により違い、淡い紫は「上品」、青紫のスターチスは「知識」です。

どちらの色でも、知的な人に似合いそうですね。

色が豊富な「ガーベラ」

花束でも一輪挿しでも人気のあるガーベラには、紫色があります。

人工的に着色された紫色のガーベラには特定の花言葉はありませんが、希望や常に前進といったポジティブな意味がガーベラそのものにあるので、プレゼントとしておすすめの花です。

紫色のスタンド花が贈られるシーンはどのようなとき?

引用元:PREMIERGARDEN

紫色にはどんなイメージがありますか?

古来より、紫色は身分の高い王族や高位の人物が身につける色であり、高貴さと気品の象徴であるとされてきました。

癒しやミステリアスなイメージも持っているので、スタイリッシュな場所や人物に贈るのに相応しい色と言えます。

さらに、70歳の古希・77歳の喜寿のお祝いのテーマカラーとしても、紫は使用されます。

年上の大切な人のお祝いの席に贈る花としても、紫色のスタンド花は活躍できそうです。

紫色のスタンド花でよく使われる花の花言葉には、知的や高貴、希望といったポジティブで気品に溢れた意味も多いです。

単純に場所に合う色合いであるとか、贈りたい相手の好きな色、イメージカラーであるといった理由の他にも、花や色そのものの意味をこめてスタンド花として使用するのもおすすめです。

スタンド花は一般的に白やピンクといった清楚なものや、赤や黄色の華やかな色合いのものが多いので、その中で涼しげな色合いの紫色がメインで使われているスタンド花があったら目を引くかもしれません。

シックで落ち着いた色合いはバーやおしゃれなカフェ、レストラン、エステサロンでも、雰囲気を壊す事なく上品に飾れるでしょう。

紫色のスタンド花を贈るときのポイント

引用元:PREMIERGARDEN

スタンド花は様々なお祝いの場で贈り物として利用されています。

元々大きく見た目が派手なスタンド花を紫だけに統一して作ると、シックで上品かつ豪華なスタンド花になること間違いなしです。

さらにボリュームのある2段のスタンド花にすれば、インパクトのある仕上がりとなります。

紫色の花が少ない場合、バルーンなどを用いるのもおすすめです。

控えめで上品な色合いながら、ポップで楽しい雰囲気を出すことができます。

紫をメインとして、挿し色に別の色の花を使用するのも良いでしょう。

グリーンやブルーを入れると涼しげでクールなスタンド花になりそうですね。

華やかなピンクを加えると、柔らかく可愛らしいスタンド花となります。

白を加えると清楚な雰囲気が増すので、上品で女性らしい印象になります。

挿し色ひとつでがらりと印象が変わるのも、紫色のスタンド花の面白い点です。

また、スタンド部分を黒ブリキなどの深い色合いにすると、さらに上品さやクラシック感が増して大人っぽさが引き立てられます。

スタンド部分の素材を選べるお店もあるので、ぜひ探してみて下さい。

ただし、紫色の花をスタンド花に使用する際、なかなか手に入らない品種の花材があると制作に時間がかかることがあります。

なるべく早めに注文することを心がけましょう。

通販で紫色のスタンド花を購入しよう

通販サイトのプレミアガーデンでは10,500円、15,000円、25,000円の3パターンの予算に合わせてスタンド花を制作してもらえます。

サイトの表示も価格帯に合わせて選べますので、分かりやすいです。

開店・誕生日・開業・出演などに合わせて届けてもらうことができますが、一部地方配送できない地域もあるようです。

使って欲しい色があっても花の種類がわからず明確な仕上がりのイメージがなかなか湧かない人も、「紫色をベースに寒色系で」「上品な感じに」などをお伝えいただければ、プロにすべてお任せでお願いすることができたり、サイトの仕上がりイメージの写真に合わせて制作して貰うことができます。

商品ごとに高さや幅についての記載もありますので、送り先に迷惑にならないよう確認しておきましょう。

自社配送地域であればスタンド花は無料で回収してもらえます。

なお、スタンドの段数により値段がかわりますのでご注意下さい。

スタンド花やアレンジメントにバルーンや装飾品を添付することも可能ですが、電話での相談が必須となります。

名詞サイズのカード、名札が無料でサービスとなります。

注文の際、記入して欲しい内容やメッセージを知らせておきましょう。

スタンド花以外にも、胡蝶蘭やフラワーアレンジメント、観葉植物などのフラワーギフトを多数取り揃えております。お祝いの際のお花はもちろん、お悔やみやお供えのお花も用意できます。

会員登録するとログイン後即使用できるポイントが500ポイント貰え、お買い上げごとに3%のポイントが加算されます。

移転祝いや昇進祝いなど、スタンド花や胡蝶蘭を贈ることの多い会社様や法人様に多く活用して頂いております。是非ご利用ください。