開店祝いに贈るスタンド花の相場は?

スタンド花は開店祝い以外にも、いろいろなお祝い事で応用ができます。贈り方を知っておけば、お祝い事で何を贈ろうか悩むことが減るはずです。開店祝いにかける予算とスタンド花の相場がマッチしているか、贈って相手に迷惑をかけないか、贈り方のマナーなども解説しているので、ぜひ参考にしてください。

スタンド花の価格相場はいくらくらい?

スタンド花はアレンジメントフラワーや花束よりも、やや高めの価格相場になっています。

例えばアレンジメントフラワーは3,000円程度から注文できる商品もありますが、スタンド花であれば10,000円程度からが相場です。

贈る相手との関係やタイプによっても異なるので、スタンド花の価格相場をより詳しくみていきましょう。

開店祝いに贈るスタンド花の相場

開店祝いに贈るスタンド花の相場は贈り先によって異なりますが、10,000円〜50,000円が目安です。

例えば友人や家族であれば、10,000円〜15,000円程度が相場です。豪華すぎるスタンド花を贈って逆に気を遣われては意味がないので、相手が素直に喜べる金額を考えましょう。

甥や姪などの立場から開店祝いを贈るのなら、ご両親が贈る金額を超えないように注意するといった配慮も必要です。

取引先であれば、15,000円〜50,000円程度が相場になります。贈り先とのこれまでやこれからの関係性を考えて、社内で金額を相談することをおすすめします。

社内で祝い事に対するルールがあるかも、スタンド花を手配する前に確認しておきましょう。

スタンド花のタイプによって価格は異なる

スタンド花には1段タイプと2段タイプがあり、1段タイプの相場は10,000円〜、2段タイプの相場は20,000円〜が一般的です。

使用する花やバルーンやリボンなどの飾り付けの有無によっても、価格は異なります。そのため開店祝いにスタンド花を贈るのであれば、最低10,000円〜と考えておくと安心です。

ただし、胡蝶蘭やバラなどを使用すると、やや高めの相場になる傾向があるので、検討している方は予算に余裕を持っておきましょう。

開店祝いにはスタンド花がおすすめ


開店祝いに花を贈るのは一般的で、かつ華やかなことからも、喜ばれるプレゼントです。

なかでもスタンド花は豪華なので、新しいスタートをお祝いするシーンにぴったりでしょう。ここでは華やかさ以外にも、開店祝いにスタンド花をおすすめする理由を4つ紹介します。

お祝いの気持ちが伝わりやすい

開店祝いにスタンド花をおすすめする1つめの理由は、花が気持ちを代弁してくれるからです。「花はもらっただけで嬉しい」という方もいますが、お祝いの花言葉を持つ花を贈るとより気持ちが伝わります。

例えば胡蝶蘭には「幸福が飛んでくる」という花言葉があり、商売繫盛をイメージさせるため、開店祝いのスタンド花におすすめです。

他にも「愛情」「美しさ」を伝えたいならバラ、「門出」の花言葉を持つスイートピーなど、お祝いの気持ちを伝えられる花は多くあります。言葉で伝えるのが恥ずかしい人は、花言葉で気持ちが伝わりやすいスタンド花がおすすめです。

相手に合わせたスタイルの贈り物ができる

開店祝いにスタンド花をおすすめする2つめの理由は、デザインできるからです。お店の内装や雰囲気にこだわりをもっている方も多いので、開店祝いが贈り先のイメージに合ったプレゼントかは大切なポイントです。

スタンド花は「ゴージャス系」「黄色系」「優しいイメージ」など、アレンジの幅が広く、お店や贈る相手のイメージに合わせたプレゼントにできます。相手のことを考えてデザインを決めるので、個性的でこだわりを感じられる贈り物にもなりますね。

アレンジの幅が広く相手に合わせられることも、スタンド花をおすすめする理由のひとつです。

お店の宣伝にもなる

開店祝いにスタンド花をおすすめする3つめの理由は、宣伝効果があるからです。お店の前を通りかかっただけの人も、スタンド花が置いてあれば「お店がオープンしたんだな」と立ち止まってくれやすくなります。

さらに、お店の雰囲気にマッチしたスタンド花であれば、入店のきっかけになる可能性もあります。華やかで大きさもあるスタンド花だからこそ、宣伝効果があるのです。このように集客のお手伝いができることも、開店祝いにスタンド花をおすすめする理由です。

交友関係のアピールにもなる

開店祝いにスタンド花をおすすめする4つめの理由は、交友関係をアピールできるからです。親しくもない方に、開店祝いは贈りませんよね。開店祝いにスタンド花が届くということは、良い関係性が築けている証でもあるのです。

また、スタンド花には立札をつけるのがマナーであり、立札には贈り主の名前が入っています。来店したお客さまへも、お店やオーナー同士の付き合いがあることをアピールできます。

このように交友関係のアピールにも活用できることも、開店祝いスタンド花をおすすめする理由です。

開店祝いにスタンド花を贈る際の注意点

開店の話を聞いて、お祝いの気持ちを誰よりも先に伝えたいと、すぐにスタンド花を贈るのはNGです。タイミングとしては開店日前までに贈るのが一般的で、贈る前に確認しておくべきポイントやマナーがあります。

開店祝いにスタンド花を贈る際は、どのような点に注意すべきなのか詳しくみていきましょう。

置くスペースがあるか事前に確認を取る

スタンド花は大きさがあるので、お店によっては置くスペースがなく困ってしまうケースがあります。贈り先にスタンド花を贈りたいと伝え、迷惑にならないか贈る前に確認しましょう。受け取れる日付もあわせて確認しておくと、スムーズにお祝いを贈れます。せっかくの贈り物なので迷惑にならないよう、事前確認は念入りにしておきましょう。

立札には店舗名を記載

スタンド花を贈る際は立札をつけ、「お祝いの言葉」「贈り主の名前」を記載するのがマナーです。贈り先の名前は入れないケースもありますが、開店祝いであれば宣伝効果もあるので、贈り先の名前も入れることをおすすめします。失礼にあたるので、立て札の表記は間違いがないように注意しましょう。

回収の手配も忘れずに

スタンド花は切り花なので、枯れてしまうまでの期限があります。開店で活気づいているところに、枯れたお花を飾っておけませんし、お祝いにいただいた花を捨てることに罪悪感を抱く方もいます。

そのため、開店祝いにスタンド花を贈る際は回収の手配もしておきましょう。無料で回収してくれる花屋や引き取りしてくれる業者もあります。スタンド花を贈る際は、開店で忙しい時期に相手の負担を増やさないよう配慮をしましょう。

スタンド花を購入するならプレミアガーデン

開店祝いにスタンド花を贈ることをおすすめしてきましたが、どこで注文をするか迷っている方も多いのではないでしょうか。スタンド花を贈るなら、プレミアガーデンがおすすめです。プレミアガーデンならインターネットでスタンド花の注文が可能で、自社配送の範囲であればスタンド花の無料回収もおこなっています。

さらに、価格別の用意があり、それぞれのスタンド花にイメージが記載されているので、初めてインターネットで花を注文する方でも選びやすいサイトです。スタンド花以外にも種類があるので、詳しく紹介します。

プレミアガーデンの公式サイトはこちら

開店祝いには観葉植物や花束もおすすめ

スタンド花まで豪華でなくても良いと悩んでいる方へ、おすすめなのは観葉植物や花束です。プレミアガーデンでは、5,000円~花束や観葉植物が購入できます。

花束なら直接お店に出向いて手渡せますし、回収の手配も不要なので気軽に贈れますね。観葉植物は、花よりも長く飾っておけるのでおすすめです。ただし、花束は花瓶の用意が必要になったり、観葉植物は飾るスペースの確認が必要だったりするので、相手への配慮は忘れないようにしましょう。

まとめ

開店祝いにおすすめなスタンド花について紹介しました。スタンド花は新たなスタートとなる開店を華やかに演出し、お祝いする気持ちも届けてくれる開店祝いにぴったりの贈り物です。

さらに、スタンド花は開店祝いのイメージが浸透しているので、スタンド花が置いてあるだけで新規オープンの宣伝のお手伝いもできます。

スタンド花を贈る際は、贈り先のスペース確保や回収の手配など、相手へ迷惑をかけない気配りも忘れないようにしてくださいね。素敵な花言葉を持つ花をスタンド花に入れて、大切な相手の新たなスタートをお祝いしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする