赤いスタンド花が贈られるシーンとは?おすすめサイトの紹介と注意点  

スタンド花の中でも群を抜いて目立つ赤色のスタンド花は、幅広い年齢層の方から支持を集める、とても人気な色の一つです。赤といえば、恋愛や情熱を想像する方も多いでしょう。

しかし、いざ赤いスタンド花を贈ろうと考えたとき、「どんな場面で使われるのか」や「どんなお店で購入できるか」気になる人も多いかと思います。そこで今回は、赤いスタンド花を贈るシーンや、使用される花の意味などを紹介していきます。

赤いスタンド花で使われる花の種類と花の意味

華やかで情熱的な色合いである赤い花を使うことで、非常に華やかで人目を惹くスタンド花に仕上げることができるため、幅広い世代で人気があります。特に人気の赤い花は、「赤いバラ」や「カーネーション」「アンスリウム」「グロリオサ」といったものが挙げられます。そこで、4つの花が持つ特徴や意味合いをそれぞれ紹介していきます。

赤いバラ

一目で情熱的と感じさせる赤いバラには愛情・美しさといった意味があります。そのため、愛と美の象徴として多くの人に親しまれています。

フラワーギフトとして、真っ先に思い浮かぶのが赤いバラの花束なのではないでしょうか。

赤いバラが持つ花言葉は、「あなたを愛しています」という情熱的な言葉です。こういった意味合いから、親しい友人や家族・パートナー・思いを寄せる人などに送るのが好ましいでしょう。ちなみに赤いバラは本数でも意味が変わってきます。気になる方はぜひ本数もこだわってみてください。

カーネーション

カーネーションといえば、母の日の贈り物として有名ですよね。この花には、深い愛情や敬愛、母への愛といった意味合いいが込められています。こちらもバラと同様で愛情深いお花です。しかし、赤いカーネーションでも深い色には「心に哀しみを」といった意味合いになってしまいます。スタンド花として贈る際は、明るめの赤を選ぶようにしましょう。

アンスリウム

アンスリウムは、恋愛系に向いている素敵なお花です。見た目がハート型であることから、女性への人気が非常に高いです。花言葉は「情熱」で、愛する人へのプレゼントや情熱的な場面に適しています。応援してあげたい相手や、お礼の気持ちを伝えたい相手に贈るのに向いています。

グロリオサ

あまり名前を聞くことのないグロリオサですが、スタンド花には使用されることが多いです。赤いお花は「愛情」の花言葉が多いですが、このお花は「栄光に満ちた世界」といった素敵な花言葉が存在します。応援の目的なので贈るのに適しているでしょう。

赤いスタンド花が贈られるシーンはいつ?

23‐②

スタンド花が贈られるシーンとしては、開店祝いや開業祝い、周年祝い、舞台やコンサートへの公演祝い、楽屋見舞いといった場面が挙げられます。その中でも、赤いスタンド花は非常に華やかで目立つため公演祝いや楽屋見舞いとして贈られることが多くなってきました。舞台やコンサートなど華々しい場所に赤いスタンド花を置くことで、さらに空間を華やかにすることができるでしょう。

アイドルや歌手、俳優さんなどによって、テーマカラーを決めていたり好きな色として赤をあげている場合があります。

その時も赤いスタンド花を贈ると、とても喜ばれます。

また、赤いスタンド花は周りを華やかにするだけではなく、宣伝効果も期待できます。色がはっきりとしていてインパクトが強いことから人の目に入りやすいです。そのため、スタンド花に名札を付ければ、多くの人に名前を見てもらえるでしょう。

また、赤い花の特徴を活かして親しい間柄の人へお祝いや、感謝の意味も込めて、赤いスタンド花をギフトとして贈ってあげるのも良いです。

特に、結婚式や誕生パーティー、イベントなどめでたい行事には赤いスタンド花が喜ばれます。

こういった場面でスタンド花を贈ることになったときは、ぜひ赤い花を検討してみてください。

赤いスタンド花を贈るときの注意点

見た目も良く、花言葉も素敵な意味がある赤いスタンド花ですが、実は贈るのは避けたい場面があります。ここではそういったことを含めて、赤いスタンド花を贈るときの注意点を紹介します。

開店・開業祝いには赤い花はNG

華やかで、お店の宣伝になるといった理由で、開店祝いに赤いスタンド花のプレゼントを検討する方もいると思いますが、開店祝いや開業祝いに赤のお花を贈るのは避けた方が良いでしょう。その理由として、赤一色にすると火を連想させる色になってしまうため、開店祝いなどには縁起が悪いと捉えられてしまう場合があります。また、赤字経営といった意味合いも含まれるので注意しましょう。ただし、赤い花を全く使ってはいけない、ということはありません。開店祝いや開業祝いとしてスタンド花を贈りたい場合は、全体のデザインの一部として赤い色の花を使うようすると良いでしょう。部分的に赤い花を取り入れることで、スタンド花の華やかさが増し、きっと贈り先にも喜んでもらえます。

日持ちしにくい

赤くて派手な花は白い花に比べてあまり日持ちしない花が多いことです。バラやカーネーションなどは非常に華やかでスタンド花を魅力的な空間にしてくれる花ですが、あまり長持ちする花ではありません。赤い花をたくさん使ったスタンド花を注文する場合には、スタンド花がいつ届くか、どれくらいの期間飾っておく予定であるかを確かめて花が枯れてしまわないように注意する必要があります。できるだけ長く飾りたい場合は、注文タイミングなどをしっかりと計画しておくと良いです。

通販で赤いスタンド花を購入しよう

23‐③

ここまで赤いスタンド花の特徴を紹介してきましたが、実際に購入するとなると、どこで買ったらいいか迷うかと思います。スタンド花を購入するには店舗で購入するのか、通販で購入するかの2パターン存在しますが、お花自体が非常に大きく持ち運びが難しいことから、通販での購入がおすすめです。通販サイトもさまざまなサイトがありますが、特におすすめなのが、PREMIER GARDENのサイトです。

こちらのサイトでは価格帯ごとに表示され、検索しやすく、さまざまな種類のスタンド花を取り扱っていて、赤い花を使ったスタンド花も多数用意されています。

スタンド花は1段のもので15,000円~用意ができます。スタンドを2段にする、飾りのついたおしゃれなスタンドにすると値段が上がります。

赤い色の花がふんだんに使われた非常にボリュームのある豪華なスタンド花が多く、周囲の注目を集めることができる華やかさがあります。また、ボリュームがあるうえに他のサイトよりも、価格が良心的なのも魅力的です。

花の種類がよく分からないという場合でも、「赤で作ってほしい」ということやアレンジの雰囲気「元気な感じ」「上品な感じ」などをお伝えいただければ、季節の花材を使ってプロがおまかせでアレンジメント致します。

PREMIERGARDENは、北海道・沖縄・一部の離島を除く全国の地域にスタンド花を発送してもらうことができます。そのため、遠く離れた贈り先にスタンド花を贈りたい場合に非常に便利に使えます。

また、翌日の配達が希望の方は前日の16時(休日は15時)までに注文を完了すれば、当日発送で翌日対応が可能なので急な予定でも赤いスタンド花をお届けが可能です。

お花の代金から引かれがちな送料も別途ですので、「想像してたよりも花が少なくてスカスカ……」という事がありません。

会員登録をしていただくと、ポイントをためることができますので、お花お贈ることの多い会社・法人様でも安心です

スタンド花に添える木札やメッセージカードも無料で用意してくれるので、注文の際に必要事項を伝えておくだけでしっかりとした名札を付きのフラワーギフトを贈ることができるため、安心です。

PREMIERGARDENはスタンド花のほかにも、胡蝶蘭・フラワーアレンジメントなどフラワーギフトの商品を取り揃えております。是非ご利用ください。

まとめ

赤いスタンド花の送り方や注意すべき点はわかっていただけましたか?

今回紹介した花以外にも、赤い花は多く存在します。自分で入れたいお花がある場合は、ぜひお花の意味や花言葉を調べて、場面に相応しいかチェックすると良いでしょう。

ぜひ、赤いスタンド花を大切な方に送ってみてはいかがでしょうか。