スナックにスタンド花を贈ろう! 贈る際の注意点や選び方を徹底解説!!

スナックの開店祝いや周年イベント、キャストの誕生日などのお祝いで花を贈ることはありますが、そう、頻繁に機会があるわけではありません。

実際、花を贈って欲しいとお願いされてもどんな花を贈っていいのかわかりませんよね。

そこで今回は、贈る際の注意点やどんな花を贈ればいいのか、花の選び方について徹底解説していきます。

スナックにスタンド花を贈るシーンとは?

スナックにスタンド花を贈るシーンはいくつかあります。

・開店祝い

・周年イベント

・キャストの誕生日祝い

ここではスナックにスタンド花を贈るシーンを3つにわけてお話ししていきます。

開店祝い

花の種類はたくさんありますがスナックの開店祝いには断然、スタンド花が一番喜ばれるのでおすすめです。

スタンド花はがおすすめの理由は、お店の前に飾っておくと開店したことをアピールできるからです。

通った通行人などにも知ってもらえるので口コミも期待できます。

また、活気あふれた印象があるので、華やかな夜の世界にはスタンド花はピッタリです。

周年イベント

お店が開店した日はオープン記念としてお祝いイベントなど盛大に行われます。

お店の常連さんや取引先から、たくさんの花が贈られてきます。

やはりここでもおすすめなのはスタンド花です。

お店の前に〇周年祝いの大きなスタンド花が飾ってあるだけで「何年続いているお店なのか」が一目でわかり、「〇年も続いている店なら一度入ってみようか」など、お店に興味を持つ人も増え集客効果にもなります。

キャストの誕生日祝い

スナックのキャストにとって、自分の誕生日は1年に一度のビッグイベントになります。

人気商売なだけあって、来店客、花の数、プレゼントの数、売上げなどを競う大勝負の日です。

スタンド花の華やかさと存在感はビッグイベントに相応しく、誕生日の雰囲気を盛り上げてくれる最強のアイテムです。

人気のキャストにはスタンド花が多く並びます。その花の多さが人気のバロメーターでもあるので「どんなキャストなんだろう」とさらなる集客にも繋がります。

スナックにスタンド花を贈るときの花の選び方

ここではスナックにスタンド花を贈るときの花の選び方についてお話していきます。

相場で選ぶ

スタンド花の相場はシーンによっても違います。

お祝いシーン相場
開店祝い10000円~15000円
周年イベント15000円~30000円
誕生日祝い15000円~30000円

スタンド花の相場は贈る相手の関係性によって変わってきます。

大きな周年イベントの場合は20000円~30000円ぐらいが相場になります。

お誕生日などでお店のボトルやシャンパンなどを入れる場合は15000円~ぐらいに抑えておいたほうがいいでしょう。

お金に余裕がある場合などは奮発して50000円~100000円のスタンド花を贈るとお気に入りのキャストに喜ばれます。

種類で選ぶ

スタンド花にはいくつかの種類があり、スタンドの高さや形は様々で、1段タイプと2段タイプがあります。

主に1段タイプが多いですが、特別な日や豪華にしたいようなときには2段タイプがおすすめです。

大規模な周年記念パーティーとなる場合はの2段のスタンド花がおすすめです。

スナックにスタンド花を贈るときの注意点

ここではスナックにスタンド花を贈るときの注意点についてお話していきます。

花言葉は調べておく

「幸せが飛んでくる」という花言葉がある胡蝶蘭は開店祝いやお祝い事にピッタリな花です。しかし、なかには良くない花言葉を持つ花もあります。

花を贈る場合は必ず花言葉を調べてから贈るようにしましょう。

贈る人の好みやイメージでお花を贈ってしまうと、お祝いには不向きな花言葉であったり失礼にあたったりすることがあります。

大切な人間関係を壊しかねないので必ず調べてから縁起の良い花言葉がある花を贈るようにしましょう。

花選びに困ったときは、全てのお祝いごとの定番にもなっている胡蝶蘭を贈るのが無難です。

花を贈るタイミング

スナックにスタンド花を贈るタイミングに注意する必要があります。

スナックの場合夜18時以降の開店するところが多いです。

開店祝いの場合はなるべく開店日の1日前~2日前がいいでしょう。

開店当日は何かと慌ただしく、大きなスタンド花の場合は設置時間もかかるので、

開店する2時間前ぐらいには配達されるように贈りましょう。

もし開店前や開店後に贈れなかった場合は1週間以内には必ず贈るようにしてください。

まとめ

スナックにスタンド花を贈る機会は頻繁にあるわけではありません。

開店祝い、周年イベント、キャストの誕生日祝いにはスタンド花がおすすめです。

スタンド花を贈るときには相場や種類に気をつける必要があります。

花言葉や花を贈る時間も考慮して贈るようにしましょう。

最低限のマナーを守って贈る相手に喜ばれるようにしましょう。