結婚式に贈るスタンド花とは?注意点やおすすめのショップをご紹介

結婚式にはさまざまなフラワーギフトを贈ることができます。なかでもスタンド花は、式場の雰囲気をより豪華に演出できると、人気が高い贈り物です。この記事では、結婚式にスタンド花を贈るときのマナーや使用できるお花、おすすめの購入方法などをご紹介します。

結婚式にスタンド花を贈るのがふさわしい理由

結婚式にはさまざまなフラワーギフトを贈ることができますが、その中でもなぜスタンド花を贈るのがふさわしいのか、理由が気になりますよね。ここでは、結婚式にスタンド花がふさわしい理由を2つご紹介します。

見た目がゴージャス

スタンド花はどんなフラワーギフトよりも、見た目がゴージャスな特徴があります。そのため、装飾や建物が豪華な結婚式場に贈っても、変に周りから浮くことがないです。さらに、式のイメージに合わせることで、より式場を盛り上げる飾りにもなるかもしれません。このような理由から、スタンド花は結婚式の贈り物として好まれています。

友人一同からの贈り物として

スタンド花は、他のフラワーギフトと比べると比較的高価な贈り物です。そのため、友人一同など大人数で1つの贈り物として贈っても問題ありません。結婚式に行きたくても都合がつかず行けなかった、感染症対策で小規模で結婚式をやる場合など、どうしても行けないときにみんなでお金を出し合って購入すると良いでしょう。

結婚式にスタンド花を贈るときの注意点

結婚式にスタンド花を贈る場合、覚えておきたい注意点があります。

  • スタンド花を贈っても良いのか確認をしよう!
  • 大きさに注意
  • 必ず立て札をつけよう!
  • 相場を確認しよう!

それぞれの注意点を詳しく解説していきます。

スタンド花を贈っても良いか確認しよう!

スタンド花を贈る前に、事前に会場と新郎新婦に贈っても良いのか確認を取るようにしましょう。

結婚式場によっては、式場と契約しているお花屋さん以外のお花を受け取らない場合があります。新郎新婦の意向で、ゲストからの贈り物を受け取らないといった場合もあるでしょう。そうなると、せっかくスタンド花を贈ったのに受け取ってもらえない可能性があります。必ず事前にスタンド花を贈っても良いのか確認するようにしましょう。

大きさに注意

スタンド花は非常に大きな贈り物です。横幅だけではなく高さも必要になってくるので、必ず大きさを確認して、会場に置けるスタンド花を注文しましょう。特に、2段のスタンド花はカゴが2つ付いているので横幅を取ります。万が一置く場所がないと言われた場合は、1段のスタンド花を検討するとよいでしょう。

必ず立て札をつけよう!

結婚式当日は、どのくらいのフラワーギフトが贈られるかわかりません。スタンド花も複数贈られている場合もあるので、必ず立て札を付けて誰から贈られてきたのかわかるようにしましょう。立て札には、誰から貰ったのか名前を知るほかにも、新郎新婦との関係性を周りに宣伝する効果があります。フラワーショップによってはメッセージカードを付けてくれることもあるので、そういったサービスを利用するとよいです。

相場を確認しよう!

スタンド花は、シーンによってふさわしい相場があります。そのため、必ず相場に合ったスタンド花を購入するようにしましょう。結婚式に贈られるスタンド花の相場は、20,000円〜30,000円です。相手との関係性で少し金額は変わりますが、だいたい20,000円〜30,000円のスタンド花を贈れば問題ないでしょう。

相場より安すぎるスタンド花を選ぶと、式場に飾ったときに周りの雰囲気になじまず浮いてしまう可能性があります。逆に相場よりも高いものを用意してしまうと、新郎新婦がお返しをするのに困ってしまう可能性があるので、相場よりも高いからといって良いわけではありません。貰った側の負担も考えると、相場の範囲でスタンド花を購入するのがふさわしいです。

結婚式にふさわしい花とそうでない花

結婚式に贈るスタンド花には、使用して良いお花とそうでないお花があります。

これは、色や花言葉が関係していることが多く、その内容を知らないと思いがけないトラブルが起きる可能性も出てくるでしょう。ここでは、結婚式に贈ることができるお花とそうでないお花をご紹介します。

結婚式にふさわしい花の品種

結婚式にふさわしいお花とその花言葉をご紹介します。

  • 青いバラ・・・夢叶う・神秘的
  • ガーベラ・・・前進・希望
  • すずらん・・・純粋・純潔
  • カスミソウ・・・無邪気・親切
  • 白いバラ・・・深い尊敬・純潔

結婚式にふさわしいお花には、どれもウエディングドレス姿の結婚式を連想させるような、美しい花言葉があります。また、アメリカでは花嫁が身につけると幸せになる、4つのものの1つに「青いもの」があげられます。そのため、青いバラは結婚祝いにぴったりなお花といえるでしょう。

結婚式にふさわしくない花の品種

結婚式にふさわしくないお花とその花言葉をご紹介します。

  • 黄色いバラ・・・嫉妬
  • 赤いバラ・・・愛情
  • キク・・・高貴
  • アジサイ・・・冷酷
  • マリーゴールド・・・嫉妬

黄色いバラやマリーゴールドは「嫉妬」という意味がこめられているので、お祝いの場ではふさわしくありません。また、一見結婚式にふさわしいお花と思われがちな赤いバラですが、恋人に送る習慣があるので、結婚式に相手に贈るのは不向きです。

このように、結婚式にふさわしくないお花は花言葉があまり良くないことが多いです。

さらに、キクを含む仏花は葬式を連想させるので、花言葉が良い悪い関係なく避けてください。

結婚式用のスタンド花が購入できるおすすめ通販

結婚式用のスタンド花を購入するなら、ネット通販がおすすめです。ネット通販は店舗販売と比べると、以下のメリットがあります。

  • 24時間365日注文ができる
  • 遠方でもスタンド花を届けてくれる場合がある
  • デザインが豊富でいろいろなサイトを比べられる

このようなメリットを踏まえたうえで、さらにおすすめなネット通販を2つご紹介します。

プレミアガーデン

プレミアガーデンは高品質なお花を低価格で販売する、人気のフラワーショップです。実店舗を持たないことや、直接農家とやり取りをしていることから、リーズナブルなお花の提供が可能となっています。スタンド花はどれもゴージャスで高見えするデザインばかりなので、結婚式に贈っても見劣りすることなく新郎新婦に喜んでもらえるでしょう。北海道・沖縄・離島を除く全地域に配送してくれるので、遠方の結婚式にもスタンド花を贈ることができます。

公式HPはこちら

HitoHana

デザイン性の高いスタンド花を多く販売しているHitoHanaは、カジュアルな結婚式にふさわしいスタンド花が多く販売されています。お花だけではなく、観葉植物の大きな葉っぱを一緒に使用することで、上品かつカジュアルな雰囲気のスタンド花を作っています。基本的に全国配送をしていますが、商品によっては東京圏限定の場合もあるので、遠方に贈りたい場合は注意が必要です。

公式HPはこちら

まとめ

結婚式にスタンド花を贈る場合は、いくつかの注意点に気をつける必要があります。新郎新婦でサプライズにスタンド花を贈りたい……と考える人もいるかと思いますが、大きな贈り物になるスタンド花は、逆に迷惑になってしまうこともあります。事前に贈りたい旨を伝えて、トラブルを最小限に抑えると良いでしょう。また、使用しないほうが良いお花もあります。デザインやお花の種類がわからない場合は、お花屋さんに相談することで、結婚祝いにふさわしいスタンド花を用意してくれるはずです。迷った場合は事前に購入するフラワーショップに相談すると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする