スタンド花のお供えには要注意!相場や贈るときの注意事項を確認

お供え用のスタンド花は、故人を偲ぶ法要にしめやかな雰囲気を添えてくれる大切なアイテムです。

しかし、贈る際には、法要ならではの細かいしきたりがあり、贈るのは難しいと感じられる方も多いのではないでしょうか。

お供えのスタンド花を贈る際の価格相場はおよそどのくらいなのでしょうか。

また、お供えのスタンド花を贈る際に気をつけるべきマナーはあるのでしょうか。

お供えのスタンド花の相場は?

葬儀や法要に贈るスタンド花の値段相場は15,000円〜20,000円程度が一般的です。

葬儀や法要のスタンド花は、その場の厳かな雰囲気を崩さないことが最優先されます。

お供え用のスタンド花はこれより高いものも多く出回っていますが、あまり高いものの場合、

大きさや色合いが派手になりすぎてしまう可能性があります。

逆にあまり安すぎるものの場合、周りの供花と比較してみすぼらしく見えてしまう可能性もあります。

お供えのスタンド花の立て札の書き方

お供えのスタンド花には、法要の種別に合わせて立て札を添えてお供えします。

立て札の表書きには、「御供」「初盆」「お供え」など、法要の種類に合わせた文言を入れ込みます。

この際注意が必要なのが「御霊前」と「御仏前」の違いです。

どちらも故人の御前にお供えする、という意味合いの言葉ですが、法要の種類によって使い分けられます。

「御霊前」は、四十九日が済むまでの通夜や葬儀で用いられる表現です。

対して「御霊前」は、四十九日が済んだ後の法要に用いられる表現です。

表書きはフラワーショップが注意して選んでくれる場合もありますが、自分で選ぶ際は混同しないように注意が必要です。

また、名札に名前を入れる際は、届け先の方の中を入れないのが通例です。

個人として贈る場合には自分(連名の場合には配偶者の名前も)を、法人として贈る場合には法人名と代表者名のみを記載します。

お供えのスタンド花の手配の方法

お供えのスタンド花を手配する場合、「枕花」として手配するケースと、「供花」として手配するケースの二通りがあります。

「枕花」とは、亡くなられた方の通夜・葬儀が執り行われる前に枕元にお供えするお花です。

枕花は、訃報を聞いたらすぐに手配し、故人の元に届くようにします。

「供花」は通夜・葬儀にお供えするお花です。

通夜と告別式に贈る場合には、通夜が催される日までに会場に送るのが一般的です。

もし、何らかの事情で通夜に間に合わない場合には、告別式当日の午前中に届けるようにします。

その他法要の場合にも同様に、法要の執り行われる日までに会場に着くように手配します。

会場が自宅になる場合には、早く到着すると邪魔になってしまうため、法要の準備を行う当日午前中に手配するのが良いでしょう。

お供えにスタンド花を贈るときの注意点

お供えのスタンド花は、地域や法要を行う宗教や宗派により細かいしきたりがあります。

マナー違反にならないように、代表的な注意点は事前に押さえておきましょう。

花の色は白が原則

葬儀や法要に贈るスタンド花は、白色の花を使用するのが原則です。

キリスト教式の葬儀の場合、少しであれば色のある花も許容されますが、青や紫などの寒色でまとめるのが基本です。

仏式の場合、四十九日が終わるまでは、基本的には白で統一した花を贈ります。

菊など、一部の花については黄色の花が混ざっていても許されることがあります。

逆に、個人的なお参りやお盆やお彼岸には、色のある花をお供えすることもできます。

故人の好きだったお花を贈りたい場合、葬儀が一段落したタイミングで、フラワーアレンジメントや花束として贈るのが良いでしょう。

贈るのは一基のみ

法要のお花は、墓前にお供えするお花のイメージが強いため、スタンド花も一対(2個一組のもの)必要と考えがちです。

しかし、お供えのスタンド花については、一対贈ると置き場に困ってしまうため、よほど親しい人で無い限りは一基だけ贈るのが一般的です。

メッセージカードは利用しない

お供え用のスタンド花には、専用のメッセージカードが付属しているケースがあります。

ですが、通夜や葬儀にお供えするスタンド花については、立て札のみ添えて、メッセージカードは利用しないのが通例です。

メッセージカードは、喪中葉書のお返事など、葬儀や法要が済んだ後に、お悔やみの気持ちを伝えるために使用することが多いです。

まとめ

お供えのスタンド花は、お悔やみの気持ちを故人と故人の家族に表すのに適しています。

ただし、お供えする際には、使うお花の色や立て札の書き方にマナーがあり注意が必要です。

また、法要を執り行う地域や宗派の違いにより、細かいしきたりが定められている場合があります。

もし、聞けるようであれば、手配する前にその地域や宗派の葬儀に明るい人に相談すると間違いがありません。

急で相談できない場合や、贈り方に不安を感じる場合には、お供え用のスタンド花の提供実績が豊富なフラワーショップに相談しながら手配することをおすすめします。