フラスタの値段はいくら?相場と購入の際の注意点!

アイドルや声優、アーティストのイベントやライブに置かれているスタンド花。最近では、フラワースタンド(フラスタ)と呼ばれています。

かつては同業者や関係者のものが多かったフラスタですが、最近はファンからのお花も多くなってきています。

今回は、フラスタの値段はいくらなのか、予算の組み方や予算をオーバーしないための購入の際の注意点などを紹介いたします!

フラスタの値段の相場はどれくらい?

一般的なお祝いのフラスタは、使用するお花の種類にもよりますが、1台約15,000円~。

近年コンサートなどで見かける、イメージカラーやバルーンなどを使ったフラスタは、大きさなどにもよりますが30,000円以上になることが多いです。

アーティストの衣装の形にしたり、特別こだわったデザインですと、50,000円以上になることもあります。

お花の代金とは別にその他にかかってくる料金は、送料と回収費と立て札代がかかってきます。

送料は無料~1,000円ほど。回収費も無料~1,000円ほどかかります。

立て札は無料の所が多いですが、写真やイラストの入った立て札やボードを利用する場合には別途3,000円ほどかかってきます。

フラスタを贈る時の予算の組み方

花だけの贈り物なら、最低15,000円からでフラスタを贈ることはできますが、特別なお祝いの時には、他のお花よりも目立たせたいですよね。

最近では、オーダーメイドでフラスタを作成してくれるフラワーショップもありますので、自分の贈りたいフラスタのデザインに近いものを作成しているフラワーショップを選んで注文すると良いでしょう。

フラスタを予算内で贈るためのポイントは3つ。

  • 花以外の飾りを自作・持参する
  • 配送料・回収量を考慮する
  • 花の種類を考慮する

花以外の飾りを自作・持参する

フラスタは、バルーンなどの飾りで追加料金がかかってきます。

人形やマスコットを付ける場合には、フラワーショップに任せるのではなく、自作のものやご自身で買ったものをフラワーショップに郵送し、飾ってもらう場合が多いです。

オリジナルの立て札(ボード)も、フラワーショップが作成してくれる場合もありますが、自分で作成することで金額を抑えられるでしょう。

配送料、回収料を考慮する

配送料、回収料が無料のフラワーショップも多数ありますが、お花代の中に配送料と回収料が含まれている場合が多いです。

たとえば、20,000円のお花を購入したとしても実際は17,000円のお花と、3,000円の配送料がかかっていて、自分が思ったよりもお花の質が悪かったり、豪華さに欠けているという可能性もでてきます。

配送料も考慮したうえで予算を組むと自分の思い通りのお花を届けられるはずです。

花の種類を考慮する

「青い花で埋めつくす」「特定の花だけを使う」といったフラスタは、花を仕入れるのが大変になるため、高額になる場合が多いです。

予算内にフラスタを贈りたい場合は、花材にはこだわらない方が安く済むこともあります。

サイズは小さくても、花材にお金がかかっていると予算オーバーになってしまう事もありますので、予算に余裕がない場合は、こだわった花材を使わないことで値段を抑えられるはずです。

購入時の注意点

フラスタを贈る時の注意点は3つあります。

  • 会場はフラワーショップの配送可能エリア内か
  • 配送・回収の確認
  • 飾りの持参が可能かどうか

会場はフラワーショップの配送可能エリア内か

フラスタは、配送サービスを利用せずにフラワーショップが自ら配送する場合が多いため、配送エリアが決まっています。

フラワーショップから配送先が離れている場合、お花の質が落ちてしまったり、別途配送料がかかってしまうことがありますので、確認が必要です。

配送・回収の確認

フラスタを配送してくれる場合、贈りたい時間帯にフラワーショップが営業していない事もあります。営業スケジュールや営業時間も確認しておきましょう。

フラスタの回収を行っていないフラワーショップもあります。その際は回収業者を別途で頼む必要がでてきますので、配送と回収の対応が可能かどうかはしっかりと確認しておきましょう。

飾りの持参が可能かどうか

オリジナルの立て札(ボード)を使う場合、自作したデータを簡単に印刷してくれるフラワーショップもありますが、基本は持参することになります。

フラワーショップに郵送すればグッズやボードを飾った状態で設置してくれる所や、設置時に自分で飾りを付けなくてはいけない所もあります。

飾りを持参するのが一切NGという事もありますので、確認が必要です。

まとめ

特別なお祝いや公演にはオリジナルのフラスタを贈りたいですよね。予算内で収めるためには、ボードを自作する、配送料を考慮する、花材にこだわりをもたないという事で値段を抑えることができます。

思い通りのフラスタを贈る場合は、多く予算を見積もっておくことが必要です。

予算が取れない場合には、楽屋花に切り替えたり、次回に持ち越した方が良い可能性もありますので、失敗のないお花贈りのためにこの記事が参考になれば幸いです。