黄色のスタンド花を贈ろう!値段、デザイン、注意点など徹底解説。

明るく華やかな印象になる黄色のスタンド花は、贈り物として人気です。黄色のスタンド花を贈りたいけど、「贈り方がわからない」「デザインはどんなものがあるのだろう」「贈る時のマナーはある?」などの疑問をお持ちの方も多いと思います。

今回は、黄色のスタンド花を贈る時の情報をまとめました。

黄色のスタンド花を贈るには?

普段の生活でスタンド花を贈ることはそうないですよね。そもそも送り方がわからない、という方も多いのではないでしょうか。

まずは、スタンド花を贈る時の流れをお伝えします。

1、送り先の会場と、主催者に確認を取る

送り先の場所が狭い時は断られてしまう事もあるので、しっかり確認してから送りましょう。まず送り先の会場に確認を取り、OKが出れば主催者に会場のOKをもらったことを伝え、確認を取るとスムーズです。スタンド花がダメであれば、楽屋花のような小さなお花ならば大丈夫という場合もありますので、そちらも確認しておきましょう。

2、スタンド花を注文するお店を決めます。

オリジナルのスタンド花を贈る際は、贈る日の1~2週間前までにはお店を決めて注文しておきましょう。

お店を決めるポイントとしては、

・自分の贈りたいスタンド花のイメージと合うものを売っている

・贈り先が配送可能地域である

などのポイントをふまえて決めると良いでしょう。

3、花のデザインを決める

色や商品を指定してお花屋さんにお任せすることも出来ますが、オーダーメイドするのも特別感が出て、喜ばれるでしょう。

贈る人に合わせたイメージをお花屋さんに伝えます。予算もこの時に伝えておけば、予算内でイメージに近づけてもらえます。イメージに近いスタンド花の写真や、簡単なイラストを描いて見せるのも良いです。

4、注文する

届ける日時、贈る相手やお店の名前、立札の形式を伝え、注文します。注文したら、送り先に届くのを待つだけです!

黄色のスタンド花の値段は?

気になるスタンド花の値段は、10,000円~30,000円程です。バルーンを付けたり、オーダーメイドにすると30,000円~50,000円程になるものもあります。

予算に合わせて装飾や、花材を決めましょう。

黄色のスタンド花で使われる花の種類と花言葉

黄色のスタンド花で使われやすい花は、

「バラ」「ガーベラ」「ひまわり」「ユリ」などがあります。

黄色いバラの花言葉は「友情・献身」

黄色いガーベラの花言葉は「究極の愛、親しみやすい、やさしさ」

黄色いひまわりの花言葉は「願望、未来を見つめて、あなただけを見つめている」

黄色いユリの花言葉は「陽気」

日本ではビタミンカラーと呼ばれ明るく元気な色というイメージがある黄色ですが、

西洋では黄色はネガティブな色として見られる時代が長かったため、黄色の花にはネガティブな花言葉も多いですが、コンセプトやイメージカラーに合うようなら、気にせずに贈っても問題ありません。

黄色のスタンド花のデザイン

デザインにはさまざまなものがあります。オーダーメイドすれば、オリジナルのデザインも作れますので、自分の思い描くスタンド花に似たようなデザインを見つけて、お花屋さんに伝えましょう。

バルーンを付けたり、写真やイラストを付けたりすることも可能な場合もあります。その際は使う写真やイラストも準備しておきましょう。

黄色いスタンド花のデザインを集めてみました。

(引用:プレミアガーデン

(引用:http://blog.7074d9525db48fd7.lolipop.jp/?eid=150

黄色のスタンド花を贈る時の注意点

送り先の会場にしっかり確認を取りましょう。会場が狭い場合や、イベントや主催者の方針で花を受け取らない場合もあります。事前確認はしっかり行いましょう。

また、日にちに余裕を持って依頼するのも重要です。オーダーメイドをするのであれば、2週間~1週間前には注文を済ませましょう。

ネットで黄色いスタンド花を贈るならプレミアガーデンがオススメ!

いかがでしたでしょうか。スタンド花を贈る時の流れ、使われる花材やその花言葉、デザインや注意点をお伝えいたしました。

ネットでスタンド花を贈るなら、プレミアガーデンがオススメです。華やかなスタンド花を低価格で贈ることができます。

お祝いの品として一般的なスタンド花。贈り先にぴったりの黄色のスタンド花を選んでみてください。