アイドルにスタンド花を贈るには?推しに喜ばれるお花の選び方

アイドルのライブや握手会などのイベントに、スタンド花を贈りたい!と思っても、スタンド花を贈る機会は日常ではあまり無いことですよね。

今回は、スタンド花の相場やアイドルにスタンド花を贈る方法、推しに喜ばれるお花の選び方を解説します。

これからお花を贈ることを考えている方の参考になれば幸いです。

スタンド花の相場

スタンド花の相場は、1つ15,000円~25,000円。

使用する花材やボリュームによって、金額が変わります。最近では、バルーンをふんだんに使ったスタンド花を贈ることが多く、バルーン代や、オリジナルのパネルを使った場合はパネル代が別途でかかってきます。

アイドルに贈るスタンド花は、関係者や他のファンからのお花と並べて置かれることが多いため、相場よりも安いお花を頼んでしまうと、見劣りしてしまいます。相場に合った金額のものを選ぶと良いでしょう。

アイドルにスタンド花を贈る時の流れ

スタンド花をアイドルに贈るときの流れを5つに分けて紹介します。

  • 運営会社・会場にルールを確認する
  • フラワーショップを決める
  • 予算を決める
  • デザインやイメージを決める
  • プレートや飾りを準備する

運営会社・会場にルールを確認する

運営会社や会場によっては、お花を受け取ることを辞退している場合があります。まずはスタンド花を贈ることができるかどうかを確認してください。

スタンド花を贈ることができない場合は、スタンドではないフラワーアレンジメントなら贈ることができることがありますので、お花をどうしても贈りたい場合はアレンジメントの楽屋花を贈るのが良いかもしれません。

スタンド花を贈ることができる場合は、「納品日時」「納品場所(搬入口)」「回収日時」「お花のサイズ」を聞いておくと良いでしょう。

運営会社やイベントのホームページに記載されていない場合は、運営会社に直接電話またはメールで問合せましょう。

フラワーショップを決める

次に、フラワーショップを決めます。今はインターネットのお花屋さんがかなり便利です。

  • 贈り先がフラワーショップの配達エリア内にあるか
  • 納品日時・回収日に対応してくれるか
  • 予算内に収められそうか

以上のポイントを確認しておくと、後でトラブルになりません。

スタンド花はお花屋さんが自社配送する場合が多いので、配達可能なエリアが決まっています。送り先がエリア内かどうかを確認しておきましょう。

店休日や営業時間がありますので、贈りたい日や回収の日にフラワーショップが対応してくれるかは重要です。

回収代が有料だったり、お花代の他に送料もかかりますので、それを含めて予算内に収められるような所が良いですね。記載の値段が送料と別なのか込みなのかをしっかり確認しましょう。

予算を決める

気に入ったデザインやフラワーショップが決まったら、予算を決めます。

花材にこだわりがある、凝ったデザインのものを頼みたいという場合には、価格が高くなります。

なるべく安く抑えたいのであれば、色味や雰囲気だけ決めて、お花の種類やデザインをお任せにすると、予算を抑えてスタンド花を贈ることができます。

お花の料金以外にも、送料やパネル、飾りなどの料金も含めて予算を立てるのがおすすめです。

デザインやイメージを決める

アイドルにお花を贈るなら、「イメージカラー」「公演のテーマ」「推しの好きなもの」などからスタンド花のデザインやイメージを決めましょう。

公演の雰囲気や公式サイト、アイドルの雰囲気やSNSのアカウントなどをお花屋さんに送っておくと、お花屋さんもデザインを考えやすいはずです。

似たデザインのものがあれば、その写真を送っても良いでしょう。

プレートや飾りを準備する

名前を記載する立て札も、オリジナルのものを用意すると、他の方のお花よりも目立ちますし、喜ばれやすいです。

文字だけのシンプルな立て札であれば、お花屋さんが準備してくれますが、オリジナルのものを作る場合には、納品日までに準備しておく必要があります。

画像データを送れば印刷してくれるお花屋さんもあれば、自分で立て札を贈る必要がある場合もありますので、確認が必要です。

ぬいぐるみなどの飾りを付けたい場合にも、その旨をお花屋さんと相談し、納品までにお花屋さんに送付しておきましょう。

推しに喜ばれる!?スタンド花の事例

では、どんなものが推しに喜ばれるのか、スタンド花の事例を紹介します。

https://twitter.com/aizome_karen/status/1178695950434361346?ref_src=twsrc%5Etfw”>September 30, 2019</a></blockquote> <script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

ZOCの藍染カレンさんへのスタンド花です。イメージカラーである赤を基調に、バルーンやオリジナルボードで装飾されています。

https://twitter.com/sss_ri_3_e/status/1075006986121490432?ref_src=twsrc%5Etfw”>December 18, 2018</a></blockquote> <script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

同じくZOCの兎凪さやかさんへのスタンド花です。白を基調としたバルーンの多い装飾ですね。4枚目のものは、アレンジメントで楽屋花として贈ったものでしょう。

スタンド花を贈るまで予算が足りないけどお花を贈りたいという場合にも、楽屋花はおすすめです。

https://twitter.com/345__chan/status/1152919502394294273?ref_src=twsrc%5Etfw”>July 21, 2019</a></blockquote> <script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

元AKB・HKTの指原莉乃さんへのスタンド花です。

黄色を基調に、華やかな2段のスタンド花ですね。近年は現場に贈るお花はバルーンの装飾が多くなっているので、お花だけのスタンド花は華やかで目立つことができるかもしれません。

まとめ

アイドルにお花を贈ることは、少しハードルが高いかも?と思いがちですが、お花屋さんは慣れていますので、イメージを伝えればプロがしっかりと作ってくれるはずです。

運営への確認をしないと、お花屋さんにも、送り先にも迷惑がかかってしまいますので、早めの確認と早めの注文をおすすめします。

バルーン装飾がかなり増えて来ているので、お花だけのスタンド花に、立て札のプレートを少しこだわるだけで、豪華なスタンド花に見えること間違いなしです。

この記事が、アイドルにお花を贈る時の参考になれれば幸いです。