華やかさ抜群のバルーンつきスタンド花を購入しよう

バルーンつきスタンドは、開店や舞台、ライブの出演祝いなどに贈られるスタンド花の一種です。通常の花に加えバルーンを加えることで、より華やかかつダイナミックなプレゼントとして人気です。最近は企業間のみならず、ファンが個人で贈ることも増えてきています。

今回はそんなバルーンつきのスタンド花に関する情報から購入方法などについて紹介していきます。

どんなときに向いている?バルーンがついているスタンド花を贈るシーン

スタンド花 バルーン

バルーンつきのスタンド花は、華やかに場を盛り上げたいときに向いています。ポップな印象になるので、より若い方へのプレゼントに向いているでしょう。特に最近はアイドルのライブの出演祝いに人気です。バルーンのアレンジはダイナミックなため、遠くからでも目につきます。つまり、「あのアイドルはあんなに華やかなスタンドを贈られている」という印象をファンや関係者に与えることができるというメリットがあるのです。また、あまりにもバルーンが多いスタンドは風に弱いことが多いため、屋内に飾られるライブハウスや劇場へは安心して贈ることができます。

お花だけのスタンドの場合は、せっかくもらってもお花を持ち帰る途中で枯れてしまう、家に花瓶がないといった事情から、スタンドをそのまま破棄してしまう可能性も高いです。しかしバルーンなら持ち帰りも簡単で、家に長く保管をしておくことができます。「こんなバルーンを貰ったよ!」とSNSにアップしてくれる可能性が高い若いアイドルへのプレゼントにするファンが多いです。

また、ポップでカジュアルな印象のお店、例えば若者向けのカフェの開店祝いなども、バルーンつきスタンドは人気です。子供向けのお店なども、バルーンにつられた子供がお店に入りたがるという効果が狙えるため、お花だけのスタンドより喜ばれることが多いです。

バルーン付きスタンド花で盛り上げよう!そのメリットは?

まず、お花だけのスタンドに比べかなりボリュームが出ます。また、バルーンの種類も多くあり、スタンダードな球体の他、ハートや星の形をしたものも使うことができます。つまり組み合わせによってデザインの可能性が無限に広がります。その他にも、バルーンに文字を入れたり、中にぬいぐるみを入れるといった工夫もできます。

予算面でもかなり魅力的です。バルーンはお花より安価であることが多いため、「全部お花にすると予算が足りないから、バルーンでかさ増しをしてほしい」という要望も多いです。そのためバルーンだけで作るスタンドでしたら、通常の大きさのスタンドを複数個連結させ、巨大な作品を作るということも可能です。

また、黒や濃い紫、銀など、お花では表せない色も使うことができます。こうした色は主にビジュアル系バンドや、世界観が独特な舞台に贈られることが多いです。

また、お花が多いと虫がついたり、花粉が衣装について困る、という役者も多いです。その点バルーンはそういった心配がないため、気軽に受け取ってもらえるというメリットもあります。

最後に、お花は旬がありますが、バルーンはいつでも手に入るため、いざ購入をしようとしたときに「その素材は今ありません」と言われることはほとんどありません。

バルーンつきのスタンド花を贈る注意点

スタンド花 バルーン②

まずは、贈り先ときちんと連携を取ることが大切です。重要なのはサイズと設置場所です。

バルーンは様々なデザインが可能です。横に大きく広がったデザインにしてしまったがために隣に設置されたスタンドと被ってしまった、ということのないように注意が必要です。贈り先に連絡を入れ、どれくらいのサイズのものならば贈ってよいのかをあらかじめ確認しておきましょう。

また、設置場所に関してはこちらから注意を入れておく方がよいです。バルーンは外気に晒されるとしぼんでしまう可能性がありますし、強風の日に外に置いておくと、最悪の場合倒れてしまう危険性すらあります。特に先方がスタンドを貰うことにあまり慣れていない場合、なるべく屋内に置いておいてほしいことを伝えておいたほうがよいでしょう。

贈り先だけではなく、お花屋さんとの連携も非常に大切です。一日しかないライブの場合は、終焉後スタンドはお花屋さんに回収してもらうことが一般的です。「いつまで経ってもスタンドを引き取りにこない」というトラブルのないように、何時頃にどこの出口から搬出するのか、ということを「自分」「お花屋さん」「イベントの主催者」の三人で共有しておくことが必須です。

バルーン付きのスタンド花はどこで頼めるの?

スタンド花 バルーン③

大抵の場合、お花屋さんで頼めます。この際、バルーンつきスタンド花を贈った実績のあるお花屋さんに頼むとよいでしょう。どのようなスタンドを贈ったことがあるのかをホームページに記載しているお花屋さんが多いので、それを見て「こんな感じのスタンドを贈りたい」と思うスタンドを作っているお花屋さんを選ぶようにしましょう。もちろん、ホームページ上に写真がなくてもバルーンを扱うことができるお店は多いため、気になったお店があれば一度電話で相談をしてみるとスムーズです。

また、予算の目安が分かるお花屋さんだと親切です。自分の理想のデザインを告げたところ、想定よりかなり高額な予算を告げられた場合、妥協や交渉を重ねる手間が生じます。その点「プレミアガーデン」は、スタンド花の予算が三種類に分かれており、「この金額を出せば、このくらいのボリュームのお花が作られる」ということがはっきりと分かります。

また、オプションについてもよく確認しておく必要があります。「プレミアガーデン」は木札やラッピング、送料について詳しく記載がしてあります。こうしたお花以外の点もしっかり確認しておかないと、いざ贈る段階になって「どのように相手に届ければよいのか」「贈り主が自分だと分かるのか」といった問題が生じる可能性があります。

まとめ

 

このようにバルーンつきスタンド花は華やかかつダイナミックなプレゼントで、相手を大変喜ばせることができます。デザインや贈り方など決めなければならないことが多いため、しっかりとお花屋さんと連携を取ることが何よりも大切です。