祝賀会にスタンド花を贈るときに役立つポイントや相場、注意点を徹底解説

祝賀会にスタンド花を贈るときにはどんな花を贈ればいいのか知っていますか?いざ、贈ろうと思っても、わからないことだらけですよね。

そこで今回は祝賀会にスタンド花を贈るときのポイントや相場、注意点についてお話していきます。最後まで読んで役立ててくださいね。

祝賀会にスタンド花を贈るときのポイント

ここでは祝賀会にスタンド花を贈るときのポイントについてお話していきます。

早めに手配しておく

祝賀会にスタンド花を贈るときには日にちに余裕をもって早めに手配するようにしましょう。

今は当日の注文で、その日に届けることもできるお店も増えていますが、

スタンド花は届けたい日の2~3日前を目安に手配するのがおすすめです。

スタンド花は通常の花よりも多くの制作時間がかかります。人気店の場合は注文が殺到していて希望日に贈れなかったり、花の入荷状況によっては思った通りの花が制作できなかったりする場合もあります。

花の種類や色など希望どおりにしてもらいたい場合、余裕をもって1週間ぐらい前から手配しておくことをおすすめします。

贈り先に合った花を選ぶ

祝賀会にスタンド花を贈るときは、そのお祝いシーンに合った花を贈るということが大切です。

贈ってはいけない花は、菊など、仏事に用いるものや、お店の周年記念に「火事」を連想させる、赤い花一色の花束です。

また椿はとても美しい花ですが、花が散るときに首からポロっと落ちてしまうので縁起が悪いといわれている花です。

このような花はお祝いごとにはNGとされているので避けるようにしてください。

花言葉にも縁起が悪いものがあるので、贈る前には花言葉を調べてからにしましょう。

スタンド花の受け取りの可否を会場に確認しておく

贈る会場によっては花の持ち込みやスタンド花の受け取りを全て断っている場合があります。

また特定の花屋しか受け入れしていないところもあります。

せっかく手配したのに当日、受け取り拒否されないように必ず、事前にスタンド花の受け入れの可否についても確認しておきましょう。

祝賀会に贈るスタンド花の相場は?

ここでは祝賀会に贈るスタンド花の相場についてお話していきます。

祝賀会のシーン相場
ビジネス関係の祝賀会10000円~20000円
開業・開店・周年・移転祝い10000円~30000円
記念日などお祝いの席15000円~20000円

スタンド花はスタンド花の形や高さによって種類があります。1段の場合は10000円~20000円で2段の場合は20000円~30000円が価格の目安になります。

一般的な、お祝いの花の相場は3000円~30000円ぐらいです。

スタンド花を贈る相手の関係性によって相場は変わってきます。

ビジネスの創立祝いや創業記念祝いの場合や付き合いが深い場合は30000円~50000円ぐらいが相場です。

大企業の場合5000円~100000円が相場になっています。

祝賀会にスタンド花を贈るときの注意点

ここでは祝賀会にスタンド花を贈るときの注意点を

・設置スペース・搬入時間を確認しておく

・立札をつける

・スタンド花を回収してもらえるかを確認する

3つあげてお話していきます。

設置スペース・搬入の時間を確認しておく

スタンド花を贈るときは、設置場所のスペースや花の持ち込み・搬入ができる時間帯を確認しておきましょう。

会場によっては搬入できるサイズが決められていたり、搬入時間の指定があったりする場合があります。必ず事前にチェックしてお店側に伝えておいてください。

特に指定がない場合、配達時間は午前中を指定するようにしましょう。 

当日はたくさんのお祝い花が飾られるので、会場の規模によっては、ロビーや廊下が狭いなどの理由で、スタンド花を置くスペースがない場合があります。

設置スペースがあるか、確認しておいてください。

立札をつける

スタンド花には、「立札」を添えて贈るのがマナーといわれています。スタンド花を受け取った相手が、誰から贈られたスタンド花なのか、わかるようにするためです。

人が多く集まる場所に飾られるスタンド花は、贈り先以外の人たちにも存在をアピールでき、知名度をあげるチャンスにもなります。

立札の書き方は木札に赤字で「表書き」を、黒字で「贈り主名」を縦書きでを記入するのが一般的です。

何人かでの連名で贈る場合は「〇〇一同」などでまとめるとすっきりとした印象になります。

スタンド花を回収してもらえるかを確認する

今は無料で回収してくれるサービスがある花屋がほとんどですが、回収サービスを行っていないところもあります。

その場合、自分で業者を手配する手間がかかります。

スタンド花を手配するときはスタンド花の回収サービスがあるかどうかを確認しておきましょう。

花が枯れたあとは邪魔になるどころか、見栄えもよくありません。

相手先への迷惑にもなってしまいますので、スタンド花の設置から無料で回収を行ってくれる花屋を選ぶようにしましょう。

まとめ

祝賀会にスタンド花を贈るときは余裕をもって早めに手配しておくことが大事です。

花言葉にも注意し、縁起の悪い花は避けてください。

必ず、お祝いのシーンにあった花を贈ることを心がけましょう。

マナーや注意点を守って相手先に喜ばれるようなスタンド花を贈ってくださいね。