目立つスタンド花を贈ろう!ほかの花より目立たせるポイント

スタンド花を贈る機会はいつ?

誕生日

スタンド花を贈る機会の1つに、取引先のお店の従業員やオーナーさんが誕生日の時に贈ることがあります。

特に取引先の中で、バースデーパーティーが行われる場合には、自社名と名前を明記して贈ることになります。

公演祝い

コンサートや演劇、講演会か催される場合も、スタンド花が立てられます。

講演会祝いでスタンド花を贈る時には、できるだけ、自分の名前が目立つようにホール等に立てるように花屋さんにお願いをします。

ライブ等では、このスタンド花を「フラスタ」と呼ばれることがありますが、「フラワースタンド」の略語てファンの間では、よく知られている名称です。

開店祝い

スタンド花で多い機会が開店祝いで、取引先のお店や店舗が新規開店の時にお祝いとして贈ります。

この時のスタンド花にも、贈る自分の社名等の札を付けるので、単なるお祝いだけではなく、自社のPRにもなります。

移転祝い

取引先のオフィスが移転する時も移転祝いとして、スタンド花を贈ることがあります。

ただし、移転先のオフィスが前よりもスペースが狭くて立てる場所がなかったり、経営悪化による事業縮小のための移転の場合には、贈ることは見送るようにしなくてはなりません。

お祝いに目立つスタンド花を贈るポイント

2段のものにする

スタンド花を贈る際には、できるだけ目立つようにしたいものです。

自社のPRもあるのですが、簡単な方法は2段もののスタンド花にすることです。

値段は少し張りますが、花を2段にするので、とても華やかに見せるメリットがあります。

バルーンなどの装飾を付ける

1段のスタンド花でも、装飾を付けることで、華やかになります。

バルーンやぬいぐるみ、きれいなカラーリングの布等を付けて贈ります。

ただ、これはオプションメニューとなっているショップが多いので、追加料金が発生することを念頭に置いておく必要があります。

花材を統一する

花の種類、いわゆる花材を同じもので統一することも、スタンド花をゴージャスに演出することができます。

特にバラやヒマワリ等の人気の高い花でスタンド花を統一すると、とても目立つようになります。

しかし、その季節の花ではない場合は、料金がシーズン相場よりも高くなるので、注意しておきましょう。

パネルに力を入れる

これらの他に自分でデザインしたパネルを付けることもいいでしょう。

デッサン力や絵を描くことが得意な人には、最適な方法です。

もし、自分でできない場合は、お花屋さんで印刷してくれる所もあるので、事前に調べておくといいでしょう。

目立つスタンド花を贈るときの注意点

大切なものは飾らない

思い入れのあるものや価値の高いものは飾らないことです。

スタンド花は、目立つ場所に置くことになりますが、盗難のリスクがあるので、効果なぬいぐるみ等の付けておくと、すぐに盗られてしまう可能性があります。

そのため、このような高価なものを付けないようにしておくことが重要です。

回収があるお花屋さんを選ぶ

スタンド花を贈ったまではいいのですが、しばらく経って花が枯れ始めて来ると、スタンド花を処分に困ります。

そのために、贈った後に後日回収してくれる花屋さんを選ぶようにしておきましょう。

贈った相手先が自分で廃棄業者に頼まなければなくなり、迷惑をかけてしまいます。

会場のレギュレーションに注意

送り先の会場の条件にも注意しましょう。

スタンド花の大きさに規定があったり、生花の搬入ができないケースもあるからです。

下手をすると、あまりに大きすぎて、公道にはみ出て設置できないケースもあるので、贈り先へスタンド花を贈る際には、設置場所を確認しておきましょう。

目立つスタンド花の商品例

ひまわり一色!ボリューム満点のスタンド花

晴れた夏の日をイメージさせてくれるひまわりのスタンド花。

そんな印象を感じさせてくれて、トロピカルな葉物をバックに配置させることで、さらに大きく見えるような演出になっています。

そのため、コンサート会場や講演会でも、とても目立たせることができます。

ピンクのお花とバルーンで可愛らしいスタンド花

華麗なピンク系トルコキキョウをふんだんに使い、可愛らしいキティのバルーンがアクセントになったスタンス花で女性の人がとても喜ぶデザインが好評です。

大きなキングプロテアで一際目立つスタンド花

キングプロテアととても美しい花で組み合わされたスタンド花は、とても優雅でゴージャスなインパクトを与えてくれます。

そのために、講演会や演奏会等で人気の高いスタンド花です。

目立つスタンド花ならココ!おすすめショップ3選

プレミアガーデン

プレミアガーデンでは、ゴージャスに空間を作り上げてくれる胡蝶蘭や各種スタンド花を用意しており、ビジネス上での開店祝いや誕生日祝い、会社設立の祝い、就任祝い、講演祝い等のシーンで、選ばれています。

スタンド花は、15,000円~のものでは、パステルカラーをベースに可愛らしい華やかなコーディネートが際立つスタンドフラワーや、黄色を主体としたフラワースタンドが幸運をもたらしてくれると、評判を呼んでいます。

また、25,000円~のスタンド花では、個性溢れる高級スタンド花が数多く用意されています。

公式サイトはこちら

Flower Shop IVY

新宿まで界隈の企業に好評を呼んでおり、当日のオーダーでも、その日のデリバリーサービスを実施しているので、取引先の急なイベントでも困ることがありません。

新宿区内・近隣への配達は、5000円以上は無料になる点がメリットで、全国配送でも、通

常の宅配便の3~4割引料金で届けてくれます。

また、お祝の札やメッセージカードサービスも無料で行っており、希望により商品 写真をメールなどで確認することも可能です。

スタンド花では、27,500円のブルーリボンで飾られた豪華なスタンド花が人気です。

公式サイトはこちら

ネイティブフラワーイーダ

ネイティブフラワーイーダは、花屋さんの事業だけでなく、フラワーオンラインショップ、ガーデニング、ウェディング、 ディスプレイ、レンタルフラワー、観葉植物リース、フラワーアレンジ教室等、花にまつわる事業をは場広く行っています。

それだけに贈り物用としてのスタンド花のバリエーションも豊富で、2,500円のオリジナルドローイング立て札のスタンド花かや、500円でオリジナルの立て札や手描き文字のスタンド花を作ってくれます。

お祝い用のスタンド花では、「ネイティブジャポン」(35,000円)が人気です。

公式サイトはこちら

まとめ

スタンド花は、様々な催し物やお祝い事で贈られるものです。

しかも、相手先への心の感謝や喜びを伝えるだけでなく、自分の会社等の宣伝効果も高いので、ビジネスで積極的に活用することができる素晴らしいものです。