就任祝いにスタンド花を贈るときに気をつけるべきこと5選!!

就任祝いなど出世を祝うときにどんなことに注意して贈ればいいか知っていますか?

相手の地位や立場、置かれている状況をふまえ贈る必要があります。

ここを間違えてしまうと相手の失礼になってしまい、今後のビジネス関係にも影響してきてしまいます。

そこで今回は就任祝いにスタンド花を贈るときにおすすめの花や相場、注意点についてお話していきます。

就任祝いにスタンド花を贈るときにおすすめの花

ここでは就任祝いにスタンド花を贈るときにおすすめの花についてお話していきます。

就任祝いとは新しく社長が交代することをいい、会社にとっては一大イベントになります。

新しく社長に就任する人に対し、お祝いの気持ちや、今後の会社の発展を願う気持ちとして花を贈ります。

社長就任祝いや役員の就任祝いに贈る花のマストアイテムなのが「胡蝶蘭」です。

胡蝶蘭は見た目が蝶に似ていることから「幸福が(蝶のように)飛んでくる」というとても縁起のいい花言葉をもっています。

就任お祝いやお祝いごとには、胡蝶蘭が喜ばれるのでおすすめです。

就任祝いに贈るスタンド花の相場は?

ここでは就任祝いに贈るスタンド花の相場についてお話していきます。

相手先相場
家族・身内10000円~20000円
友人・知人5000円~15000円
ビジネス関係10000円~30000円

相手の企業の規模や付き合いの深さで相場は変わってきます。

個人での友人・知人の社長就任の場合は10000円ぐらいで、取引先の社長就任の場合は 30000円~40000円が相場になります。

また、重要な取引先の、社長就任の場合は50000円が相場です。

上場企業の社長・会長の就任祝いの場合は、30000円~50000円が相場になります。

就任祝いにスタンド花を贈るときの注意点

ここでは、就任祝いにスタンド花を贈るときの注意点を4つあげてお話していきます。

就任祝いを贈る時期に気をつける

就任祝いは正式に辞令が出てから1週間以内には贈るようにしましょう。

就任祝いを贈るときは就任式が行われるかどうかによりスタンド花を贈るタイミングが変わります。

・就任式をする場合

就任式が社内で行われる場合はその日の朝までに準備してください。社内外の会場で行われる場合は、前日までに会場に届くように手配します。

特に大きな会場を使用する場合は当日、混雑が予想され当日まで会場を利用できない場合もあります。

事前にスタンド花の受け取り可能な日時などをしっかりと確認しておきましょう。

余裕をもって早めに手配しておくと安心です。

・就任式をしない場合

就任式をしない場合は就任の当日に届くように手配してください。都合がつかない場合は、遅くても就任後1週間以内に贈るようにしましょう。その際は遅くなったことを一言添えて贈ってください。

「仏滅」を避けて贈るのがマナーなので注意してください。

また、あまりにも早く贈ってしまうとまだ前任者が役職を交代していない場合もあり、大変失礼にあたります。

必ず就任日以降になるよう十分注意して手配しましょう。

もし、就任が事前発表され、どうしても事前に贈りたい場合には、前任者の気持ちを考慮したうえで、会社宛てではなく自宅に贈るのがベターです。

その際、就任祝いが届く日時を相手先に伝えておくとちょっとした気遣いになります。

就任祝いを手配する前には、受け取れる日時を必ず、贈る相手先に確認しておきましょう。

立札の書き方

ビジネス関係でスタンド花を贈るときには立札を添えるのがマナーです。

立札がないと誰からのお祝い花なのか分からなくなってしまいます。

ビジネスシーンにおいては人が集まる場所なので、受け取った相手に対してのアピールにもなり、知名度アップにも繋がります。

就任祝いの場合は立札に、「祝 就任」「祝 御就任」「祝 社長御就任」「就任祝」「就任御祝」「御就任御祝」などのお祝い名目を赤字で書きます。

贈り主の名前は、贈り主の「企業名」「代表者の役職」「名前」を黒字で書きます。

贈り先の名前は、相手先の「企業名」「就任後の役職」「名前」を黒字で書きます。

相手の役職名は間違えないようにしてください。

相手の就任後の新しい役職名を間違えることは、とても失礼にあたります。絶対に間違えないよう十分注意して手配しましょう。

メッセージカードの言葉に注意する

メッセージを添える場合には、忌み言葉に注意しましょう。就任祝い文には不吉とされています。

・変化をイメージする言葉 「変化」「移ろい」「変わる」

・衰退をイメージする言葉 「傾く」「倒れる」「潰れる」「枯れる」「失う」「終わる」「詰まる」

・退陣をイメージする言葉「消える」「辞める」「去る」「逃げる」 

ここにあげた言葉などは絶対に使わないようにしましょう。

まとめ

就任祝いにスタンド花を贈るときは縁起のいい胡蝶蘭がおすすめです。

スタンド花の相場は相手の企業の規模や付き合いの深さで変わってきます。

重要な取引先の、社長就任の場合は50000円が相場です。きちんと相場を守って贈るようにしましょう。

しっかりとマナーを守り相手先に失礼のないように贈ることを心がけてくださいね。