スタンド花はいくらするの?

財布 女性

我が国には昔から慶弔事に花環もしくは花輪を贈呈する習慣がありました。

スタンド花とは、開業、開店祝いや、祝賀会などで贈呈される、スタンド式のアレンジメントフラワーのことです。

スタンドの上にアレンジメントフラワーが1段ついたシンプルなタイプと、1段に加えて、下に小さめのもう1段のフラワーアレンジメントが加わった2段タイプが主流です。 

この記事では、スタンド花を贈りたいけど値段相場が分からない方に向けて、スタンド花の相場を種類別やシーン別に、またスタンド花の価格が安い通販サイトを紹介していきます。

スタンド花の値段相場はいくら?

まず、スタンド花の値段相場はいくらか、スタンド花の種類別に相場を解説します。

1段スタンド花

スタンドの上に、アレンジメントフラワーが1段ついたシンプルなタイプは、10,000円~20,000円程度と言われています。

もちろんスタンド花に使用される花の種類によっても、価格は異なってきます。一番高いのは、胡蝶蘭を使用したタイプです。

2段スタンド花

二段スタンド花の値段相場は、一般的に20,000円〜30,000円程度と言われています。

個人で贈呈する場合は、10,000円タイプの小振りの二段スタンド花が人気があります。

オーダーメイドでスタンド花を注文する場合、要望の値段にあわせて、花を選んでくれます。30,000円で一段のスタンド花を作るのと、二段のスタンド花を作るのでは、使われている切り花の種類が異なるのです。

豪華な二段スタンド花を希望する場合には、花の種類を高級なもの、例えばユリやダリヤに変えて、華やかで高級感溢れる仕上がりにします。胡蝶蘭が入ったフラワーアレンジメントが一番高くなります。

バルーンスタンド

バルーンスタンド花の値段は、基本的にはスタンド花の値段がスタンドを1段にするか2段にするかによって大体決まります。

オプションとして、どのようなバルーンを何個つけるかで全体のバルーンスタンド花の値段が決まります。オプションとして、パネルを立てたり、ぬいぐるみを置いたりすれば、さらにその分値段が高くなります。

相場として、アルファベットや数字のバルーンは、目安として5文字前後程度まで5,000円〜、ハート型や星型のバルーンは、目安として5個程度まで5,000円〜です。

リボン、チュールの装飾は、目安としてスタンド花を覆う大きさならば5,000円〜です。

バルーンスタンド花は手頃なもので、16,000円くらいから、クリスマス用やバースデー用で25,000円くらいのものが妥当です。だいたい個人のギフト用の値段は、16,000円〜25,000円程度です。

公演祝い用などでは、70,000円〜80,000円のものもあります。

連結スタンド花

2基連結スタンド花が一番人気で、40,000円くらいからです。連結スタンド花は大規模なものになると、100,000円以上します。

いくらのスタンド花を贈るべき?シーン別の相場を紹介!

ライブ

ここでは、シーン別にいくらのスタンド花を贈るべきか、値段相場を紹介します。シーンの特徴や注意点も紹介します。

ライブや舞台の公演祝い

ライブやコンサートの場合、個人で贈るなら、スタンド花の相場は、10,000円前後〜35,000円前後が妥当です。

ライブやコンサートなら、バルーンスタンド花が人気です。オプションとして、立て札、リボン、ぬいぐるみ、バルーンを付けると、より遠くから目立って良いでしょう。

大劇場やライブ会場等で見栄えのする70,000円以上のスタンド花もあります。

演劇や演奏会、発表会の公演祝い、楽屋見舞いは10,000円~20,000円程度が適切と言われています。

開業・開店・開院祝い

開店、開業、開院祝いの場合、贈り先との関係により相場は異なりますが、身内もしくはお仕事関係の方であれば、10,000円〜30,000円、知人や友人であれば、5,000円〜10,000円程度が適切とされています。

周年祝い、移転祝いの場合は、10,000円円~20,000円程度です。

スタンド花は、贈り先との関係に合わせて、マナーに沿ったものを贈るべきです。スタンド花にかける費用は贈り先との関係性によって決定します。

50,000円以上のスタンド花は、迫力があるため、大規模な店舗への開店祝いに適しています。

取引先や親会社のお祝いシーン

スタンド花にかける費用は、相手との付き合いの深さや、贈り先の会場の規模によって異なってきます。また、個人で贈呈するのか、会社や部署として贈呈するのかによっても、スタンド花にかける費用は異なってきます。

一般的に、会社関係の祝賀会の場合、20,000円~40,000円程度であると言われています。

上場祝いの相場は2万円から5万円程度となっています。普通の取引先の場合は2万円から3万円程度、大切な取引先の場合は5万円程度がおすすめです。

一般的には、3万円以上のスタンド花を送るのが一般的とされていますが、仲の良いパートナー会社や他の会社と差をつけて送りたい場合には、5万円以上が好ましいです。

胡蝶蘭をフラワーアレンジメントに加える場合は、上場祝いに贈る胡蝶蘭は大輪という胡蝶蘭を贈ります。

50,000円以上のフラワースタンドは、ビジネス関係のパーティー会場など、人の集まる広い場所へのギフトに適しています。

ご供花

「供花」とは、「きょうか」もしくは「くげ」と読みます。故人に捧げる花のことを指します。死者の霊を慰めると、同時に祭壇や会場を飾る意味があります。

通夜や葬儀や告別式の場合、スタンド花の相場は、15,000円前後〜30,000円前後が適切といいます。

花の種類を、ユリや胡蝶蘭などを使用し、白あがりで仕上げてくれます。

供花を贈る際、まずは遺族の了承を得る必要があります。供花には飾る順番にも決まりがあるので、贈る際には故人との関係性をしっかり伝えておくべきです。

せっかく供花を用意しても故人の意志を尊重するなどの理由で、遺族から辞退されてしまう可能性もあるので、事前に確認しておくべきでしょう。供花の手配は自分で生花店などで用意するよりも担当葬儀社に頼む方が確実です。

スタンド花の値段が安い!おすすめ通販サイト3選!

通販

スタンド花の価格は、花屋さんによってまちまちです。大体1段スタンドで10,000円〜、2段スタンドで20,000円〜、3段スタンドで30,000円〜が通常価格となっているようです。

先ほども述べました通り、3段スタンドでも15,000円で作ってくれる花屋さんもあります。花屋さんによって価格がまちまちなのは、フラワーアレンジメントにどの花を入れるかによって違うからです。そして必ずしも高価な花が顧客の好みとは限らないからです。

ここでは、スタンド花の値段が安い、おすすめ通販サイトを紹介します。

プレミアガーデン

木札、メッセージカード無料サービス付きのスタンド花の安い通販サイトです。

1段スタンド花の値段は10,500円〜、2段スタンド花の値段は15,000円〜です。税別です。

ビジネスフラワー

名称の通り、法人向けサービスの充実した生花店です。

2段スタンド花の値段は20,000円〜50, 000円です。税別、全国配送料込みです。

笑華

東京ドームの前の生花店です。イベント用のスタンド花の購入に便利です。

2段スタンド花の値段は25,300円〜です。税込み、当日配送料2,200円です。

まとめ

以上、スタンド花を贈りたいけど値段相場が分からない方に向けて、スタンド花の相場を種類別やシーン別に、またスタンド花の値段が安い通販サイトを紹介しました。

おおよその相場は、個人での贈呈の場合は、10,000円〜20,000円くらいです。法人の場合は、10,000円〜70,000円くらいが相場といえます。

贈った人、贈られた人ともに、喜ぶようなフラワーギフトを贈ることが出来ると良いでしょう。