開店祝いにスタンド花を贈ろう!

開店祝いに贈る人気のある贈り物として、派手な“スタンド花”があります。

この記事では、スタンド花を贈るメリット、贈るスタンド花の選び方、スタンド花に付ける立て札やメッセージカードの書き方、スタンド花を贈る際の注意点など開店祝いのスタンド花に関するあれこれを解説します。

開店祝いにスタンド花が選ばれる理由

開店祝いといえば、スタンド花を思い浮かべる人は多いと思います。

なぜスタンド花が選ばれるようになったのでしょうか。大きな理由は以下の3つです。

  • お店の宣伝効果
  • 信頼度のアピール
  • 贈り主のアピール

通常、お店が開業したことを宣伝するには広告などを依頼しなければなりません。

しかし、予算が足らずに広告を出せなかったり、広告を出したとしても見てもらえない可能性があり、それだけでは不十分だと感じる人が多くいます。

そこで、スタンド花で店先を派手に飾ることで、スタンド花を目にした多くの通行人に開店したことをアピールしよう!といった理由で贈られるようになりました。

しかも、通行人ということは日常的にお店の前を行き交う人であり、常連さんになってくれる可能性のある人たちです。

普通に広告を出すよりもスタンド花の方が安くて高い宣伝効果が期待できます。

また、スタンド花を贈ってもらえるということは、開業者の社会的な付き合いがあって支持者がいることを意味します。

このため、お店の信頼性をアピールして顧客獲得に繋げることができるメリットもあります。

スタンド花を開店祝いに贈るという行為は、贈り主自身のアピール効果があるというメリットもあります。

スタンド花を贈る際には、立札やメッセージカードに贈り主の名前も大きく記載するため、相手のお店を宣伝しながら自分の名前も知ってもらうことが可能です。

開店祝いに贈るスタンド花の選び方

開店祝いに贈るスタンド花の選び方は、花の種類(花言葉)よりもスタンド花の段数や色が重要になります。具体的にどんなポイントに注意して選んだらいいか紹介します。

スタンド花の段数

スタンド花は大きく分けて、「一段」「二段」という二種類の段数があります。

当然、段数が多い二段の方が豪華で喜ばれます。

一段は10,000円前後~、二段は16,000円前後~注文できます。

値段は最大でも30,000円ほどです。

開業者とより懇意にしたい場合は、二段のスタンド花を贈りましょう。

コーポレートカラーにマッチしたスタンド花を贈る

スタンド花を贈る際に重要になることの一つが、コーポレートカラーにマッチしたカラーを選ぶことです。

例えば、カフェならば暖色系の黄色やオレンジ。

中華店は辛さをイメージさせる赤やピンク。

クラブは大人っぽい雰囲気を出せる白系やワイン紫。

飲み屋のような賑やかさを重視するお店は様々な色を取り入れたミックス系のとにかく目立つ派手なスタンド花などです。

花言葉

スタンド花では段数や色が一番重要ですが、花言葉を取り入れているスタンド花も喜ばれます。

幸せを舞い込むといわれている「胡蝶蘭」や、希望・前進といった意味のある「ガーベラ」など、前向きな花言葉があるお花がおすすめです。

開店祝いに贈るスタンド花の立て札の書き方

「祝」「御祝」「祝開店」「祝御開店」「開店御祝」などといった飾り文字を朱色で書いたあとに、黒色で「贈り先の企業名」、「贈り主の会社名・役職名・名前」という順に記載します。

立て札には縦書き、横書きがありますがどちらでも問題ありません。

基本的には縦書きが選ばれ、英語が入る場合は横書きが選ばれます。

メッセージカードの場合も書き方は同じです。

「贈り先の企業名」と「贈り主の会社名・役職名・名前」の間に、スタンド花を依頼する業者に決められた文字数以内で好きなメッセージを書きます。

友達の場合は、フラットな文でも構いません。相手におめでとうの気持ちを伝えましょう。

開業祝いにスタンド花を贈るときの注意点

開業祝いにスタンド花を贈る場合、いくつか気を付けておくべき注意点があります。

そこで、ここでは特に注意してほしい3点を紹介します。

スペースがあるか確認しよう

開店祝いにスタンド花を贈る際には、事前にスタンド花を置くスペースがあるか相手に確認しましょう。

万が一スペースがない場合は、小さなスタンド花や胡蝶蘭などに変更する必要があります。

色に注意

開店・開業祝いの場合、赤色を中心としたスタンド花を選ぶのはマナー違反です。

赤い花には「火事・赤字」を連想させるといわれています。

せっかくお祝いのお花としてプレゼントするのに、縁起が悪いともらった側も少し残念な気

持ちになるかもしれませんね。

しかし、相手が赤を指定して来た場合や、赤色を祝の色とする中国人が贈り先ならば問題ありません。

まとめ

スタンド花は比較的リーズナブルにもかかわらず贈り先・贈り主両方に大きなメリットをもたらす素晴らしい開店祝いです。

しかし、相手に相談なしに贈ると迷惑になってしまうことも。

スタンド花を贈る際にはサプライズを考えずにしっかりと事前確認をすることが大切です。