スタンド花を贈るならピンクがおすすめ!その魅力や相場を解析

C:\Users\panasonic\Downloads\AdobeStock_131616480.jpg

スタンド花は、さまざまなお祝いのイベントに贈られることの多いお花です。贈る場面によって色を変えることでガラッと雰囲気が変わります。特に最近人気な「ピンク」のスタンド花は、周りを柔らかい雰囲気で華やかにしてくれると人気が高まっています。そこで、ピンクのスタンド花の魅力や金額、おすすめのお花を紹介していきます。

ピンクのスタンド花が人気!その魅力とは

ピンクのスタンド花は、幅広い年代からも親しまれる人気なスタンド花です。なぜピンクのスタンド花が選ばれるのか、理由や魅力を紹介します。

愛や幸せの象徴

ピンク色は、柔らかく優しい印象を与える色です。印象を与えるだけでなく、心や身体を満足させ緊張を和らげる効果も発揮します。ピンクにも薄い色や濃い色がありますが、どちらも説明した効果があるといわれています。また、ピンクが及ぼすマイナスの面が見当たらないのも特徴です。スタンド花を贈る先に合わないかも…と思っても周りに馴染みやすい色なので変に浮くこともありません。

年代や性別を問わない

ピンクは若く女性に適している色と思われがちですが、そんなことはまったくありません。

ひと昔前は、ピンクは女性が身に付ける色といわれていましたが、男性が身に付けることによって余裕のある男性に印象が変わるという方もいます。このように、老若男女問わずに誰にでも合うのがピンクの魅力です。

種類が豊富

ピンク色のお花は、種類がとっても豊富です。そのため、お花を多く使用するスタンド花に使用するのにピッタリといえます。色も花の品種にもこだわりたいという人にも融通が利くので、より理想的なスタンド花を仕上げることができるでしょう。

ピンクのスタンド花が贈られる場面とは

ピンクのスタンド花は、どんな場面にも適用すると紹介しましたが、具体的にはどんな場面で使用されることが多いのか紹介します。

結婚式

愛情や幸せなどの花言葉や意味を持つピンクのスタンド花は、結婚式などのイベントにピッタリです。もちろん全部ピンクで統一しても可愛らしいですし、ピンクと白などで統一しても良いでしょう。スタンド花の専門サイトによってはハートにデザインしてくれるものや、風船などでアレンジしてくれるものもあるので、可愛らしいものを選ぶと良いです。

アイドルイベント

アイドルは、ピンクの衣装を身に付けたり全体のチームカラーやメンバーカラーをピンクにしていることが多いです。そういった人たちにはピンクのスタンド花を贈るのがマスト。

もちろん、女性アイドルだけでなく男性アイドルのイベントもピンクのスタンド花がおすすめです。男性に贈る場合は、青などを混ぜると引き締まってより良くなるでしょう。

相場はいくら?ピンクのスタンド花の金額

C:\Users\panasonic\Downloads\AdobeStock_139966747.jpg

ピンクのスタンド花は、「1段」「2段」「アレンジ」と大きく分けて3つの種類が主流になっています。そこで、それぞれの相場を調査しました。

1段

スタンド花に1段のお花がつくものは、「15,000円」が相場といわれています。どのくらいのスタンド花を用意したらわからないという方は、この金額を基準にして探すと良いでしょう。大体予算を伝えればお花屋さんはその金額でスタンド花を作成してくれますが、入れて欲しいお花があると金額が異なる場合があります。高級なお花を沢山使用しようした場合や希少なお花を指定した場合は、1段のスタンド花でも2~3万円ほどになることもあるでしょう。

2段

2段のスタンド花の相場は「2万円」です。スタンドの上下にお花がセットできるようになっているタイプで、1段よりも圧倒的に華やかさが変わります。これも、1段同様で使用している花の数、種類で大きく差が出るため、種類によっては3~5万円ほど行く場合があります。

アレンジ

アレンジとは、普通のスタンド花にバルーンなどのアレンジを加えたり、花の部分をハート型にしたり星型にするスタンド花を指します。

バルーンの場合、バルーンを増やす代わりにお花を減らすこともできるため、相場を決めるのが非常に難しいです。大体普通のスタンド花にバルーンを使用すると「2万円」からのスタンド花が多く目立ちました。バルーンの種類や量で大きく変化するようで、2~5万のものを依頼するとそれなりのスタンド花になりそうです。

ハート型のスタンド花は、形を整えるためにお花を多く使用するため、意外と相場は高く「3万円前後」となっています。

ピンク色のスタンド花に入れたいおすすめのお花3選

C:\Users\panasonic\Downloads\AdobeStock_137283462.jpg

ピンクのお花で統一するときに、ぜひ入れて欲しいお花を紹介していきます。

バラ

バラは、スタンド花に使用するお花の中でも定番です。赤いバラは情熱や愛といった意味をン持ちますが、ピンクのバラには「上品・美しさ・愛の誓い」といった意味合いを持ちます。結婚式などに贈る場合に多く使用すると、ピッタリなスタンド花を贈ることができるでしょう。

ガーベラ

ピンクのガーベラは「感謝」「思いやり」といった意味が込められています。

スタンド花は相手に何かしらの気持ちを込めて贈るものです。そのためスタンド花に使用するにはピッタリですよね。卒業式や結婚式引退イベントなど多くの感謝を伝えたいときに使用するとより素敵になります。

胡蝶蘭

多くのイベントごとに贈られることの多い胡蝶蘭ですが、スタンド花に使用することができます。白の胡蝶蘭には「幸福が飛んでくる」といった意味が込められていますが、ピンクの胡蝶蘭には「あなたを愛します」という意味があります。この「愛」というのは、好きはもちろん大切に思っている人すべてに当てはまる愛情表現です。そのため、スタンド花に最適です。

まとめ

スタンド花は、お店によりますが店頭で頼むこともできます。しかし、店頭で頼むとお花の価格が統一されていなため、高額になってしまうことがあるため、価格が決まっているネット通販で購入することをおすすめします。ピンクは見ている人の心を安心させてくれる色です。そんな魅力的な色のスタンド花を、大切な人のイベントに贈ってみてはいかがでしょうか。