胡蝶蘭はスタンド花でも人気!人気の理由や最適な贈るシーンなど紹介!

胡蝶蘭

誰でもお祝いごとにどんなものを贈ろうか悩んだことがあるのではないでしょうか。

どういったものを贈ったら相手が喜んでくれるのか考えてしまいますよね。

そこでオススメなのが胡蝶蘭のスタンド花です。

胡蝶蘭のスタンド花はとても人気があり華やかなので、さまざまなお祝いのシーンで華を添えてくれるので失敗しない贈り物です。

今回は胡蝶蘭のスタンド花が人気の理由や最適な贈るシーンなど紹介します!

胡蝶蘭のスタンド花が人気の理由

ハート

スタンド花とは開店祝いや開業祝い、お葬式などに並べるスタンドにアレンジされた花のことをいいます。

高さは2mほどが一般的なサイズで、花を放射状に広がるように活けられているのでまるで扇を広げたような見栄えがある形をしています。

なかでも胡蝶蘭のスタンド花はお祝いから供花までシーンを選ばず贈ることができるのでとても人気があります。

具体的な人気がある理由を下にまとめてみました!

花言葉が素敵で幸せと繁栄の証

胡蝶蘭のスタンド花が人気の一番の理由は胡蝶蘭の花言葉にあります。

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」という縁起の良い花言葉を持っています。

幸福を呼ぶという花言葉はさまざまなお祝いに相応しいとされ、昔から老若男女の幅広い世代の定番の贈り物として高い人気を誇っていて、また、胡蝶蘭には末永く繁栄をもたらす証とされています。

幸福な花言葉を持ち、繁栄の証とされている胡蝶蘭のスタンド花はお祝いの贈り物として最適ではないでしょうか。

見栄えが良くて空間を華やかにする

胡蝶蘭のスタンド花は飾ることで圧倒的な存在感を放ち、空間を格式の高い華やかなものにいしてくれます。

胡蝶蘭には大きく分けて大輪・中輪・小輪の3つの品種があり、また、色のバリエーションも多く定番の白、ピンク、青、黄、グラデーション、リップなど多数の色があります。

バラやユリなどの大きな花、カスミソウなどの小さな花などと組み合わせて全体的にバランス良くすればより一層華やかさが増して見栄えが良くなるでしょう。

また、スタンド花の高さは170~180cmと通常の胡蝶蘭の約2倍の大きさです。

全体の高さがあるのでより華やかでボリュームがあり、人の目を引くこと間違いないでしょう。

花粉や匂いが少なく長持ちする

胡蝶蘭は花粉や匂いが少なく場所や人の好みを選びません。

生花を飾りにくい飲食店やクリニックなどでも気兼ねなく飾ることができます。

また、「直射日光を避ける」と「乾いてから水やり」というところを気をつけるだけで良く、簡単な手入れで長持ちするので贈られた人もお世話しやすくて嬉しいのではないでしょうか。

胡蝶蘭は日焼けにとても弱いので直射日光は避けることと水やりは土が乾いてからあげるのがポイントです。

水やりの目安は約2週間に1回、土が乾いているのを確認してからコップ1杯程度の水をあげてください。

供花としても贈れる

胡蝶蘭は供花としても相応しい花です。

気品溢れて雰囲気がある胡蝶蘭は葬儀だけでなく故人を弔う際の花として選ばれることがあります。

しかし、通夜や葬儀、告別式などに供える胡蝶蘭のスタンド花には注意すべきことがあります。

色は白を基調としたスタンド花にしましょう。

供花の場合は黄色やピンクといった派手で目立つ色を避けるのがマナーとなっています。

また、葬儀で祭壇に飾る胡蝶蘭のスタンド花は2段しないようにしましょう。

150cmほどの低いスタンド花が無難です。

ただし、一周忌では故人が好きだった色や高さにこだわることなく、自由に選んでも構いません。

色別・花のサイズ別の贈るシーン

女性 笑顔

胡蝶蘭には色別や花のサイズ別で贈るシーンが異なってきます。

贈るシーンに合った最適な胡蝶蘭を贈りましょう。

色別贈るシーン

胡蝶蘭にはさまざまな色があり、贈るシーンによってそれぞれ違ってきます。

白は万能な色で、ビジネスのさまざまなシーンから法要の場まで贈ることができます。

白の花言葉は「清純」なので、結婚式の花嫁が持つブーケやヘアアクセサリーとしても人気です。

ピンクの花言葉は「あなたを愛します」で、色自体が女性に人気のある色で優しい印象がある色です。

母の日やプロポーズのときに選ぶのがオススメでしょう。

赤のリップは花の中央が赤く周りは白いので紅白カラーになっています。

とても縁起の良い色とされていて開店や開業祝い、長寿祝いなどのおめでたいときにオススメです。

青や紫はとても希少な色をしています。

ほかの色の胡蝶蘭と比べて多少値は張りますが、珍しい色なので贈ったら喜んでくれること間違いなしでしょう。

青は男性にも人気な色なので、上司への贈り物としてオススメです。

花のサイズ別贈るシーン

大輪・中輪・小輪は相手や贈るシーンよって選ぶサイズが違ってきます。

大輪の場合は11~15cmと花が大きく本数は少な目ですがボリュームがあるので、あり程度スペースが必要になってきます。

企業の受付であれば問題なく飾ることができますが、小規模の店舗や個人経営のクリニックなどスペースがちゃんと確保できないところには向きません。

そういったところには中輪や小輪がオススメです。

中輪や小輪は大輪に比べてスペースを取らないので個人経営している人などに贈ると良いでしょう。

まとめ

胡蝶蘭のスタンド花はとても華やかで気品が溢れているのでとてもオススメのスタンド花です。

ほかの花のスタンド花に比べてボリューム満点で見栄えに差がつけることができるだけでなく、空間を明るくする効果もあるので贈った人から喜ばれる贈り物ではないでしょうか。

開業や開店祝い、葬儀など贈るシーンはさまざまありますのでシーンに合った色と花のサイズを選ぶようにしましょう。