法人様へのスタンド花。用途やビジネスシーンにおすすめのショップを紹介

法人にスタンド花を贈るシーンは、開店祝いや開業祝いをはじめ、上場祝いなど、さまざまなシーンがあります。

しかし、贈る相手との関係によって、贈るスタンド花は変わってきます。

たとえば、開店祝いや開業祝いなどでは店内に飾ることが多く、飾ることで集客効果が期待できますが、その一方で、サイズ感には注意が必要になってきます。

そこで今回は、スタンド花を贈るシーンについてやおすすめのショップをご紹介します。

法人用スタンド花の贈る用途・シーン

イベントや演奏会等で贈られるスタンド花は、ビジネスシーンでも、重宝される贈り物です。

では、法人用スタンド花の用途としては、どんなシーンが想定されるでしょうか?

開店祝い

法人用スタンド花でよく贈る場面としては、開店祝いがあります。

店舗の新規開店や開業祝いとして、スタンド花が使われています。

店舗の入り口やオフィスのエントランスに、スタンド花が立てられるのですが、非常に華やかな雰囲気を醸し出すと同時に、宣伝効果も期待できます。

また、贈った側も花札に会社名が表記されているので、こちらも宣伝効果があります。

したがって、贈る側・貰う側の両方に大きなメリットがあるのです。

周年祝い

周年祝いでも、ビジネス用としてスタンド花に人気があります。

お店の開店1周年等で贈られるのですが、一般的な高価な花の胡蝶蘭が重宝されています。

しかし、周年祝いともなると、お店も記念日とあって、店舗内外ともの賑やかな空間が好まれるものです。

その時には、店舗や会場を華やかにしてくれるスタンド花に人気があります。

しかも、多くの取引先から贈られてきたスタンド花がお店の前に、ズラリと立ち並ぶだけで、非常に人気の高いお店だと、周囲に知らしめることもできます。

落成記念

落成記念でも、スタンド花を贈ることが多くなっています。

企業では、新社屋や新工場・倉庫等が出来上がった後に落成記念式典を催すことがあります。

このような時に、スタンド花が10基程度飾られるだけで、普段なら質素な建物も非常に

華やかに見えるものです。

記念式典に参列した関係者や取引先の人達も、明るい雰囲気に包まれますし、その会社尾幅広い繋がりに感心することもあります。

建物が竣工した時や新築祝いでも、スタンド花は喜ばれますが、記念パーティーが終わった後が来場者の皆さんにお花を持ち帰ってもらうこともできます。

お悔み

また、お悔みでスタンド花を送ることもあります。

ビジネスの場面では、会社が不幸のあった自社の社員の家族の葬儀に送ったり、取引先や知人が亡くなった時に会社名義で個人に送ることがあります。

遺族にとっては、とても悲しいことですが、故人を生前の功績を称えたり、感謝の意を評して送られるスタンド花で、亡くなった人となりを知ることができるのです。

また、葬儀会場がスタンド花で壮麗な空間を演出してくれますので、新たな旅立ちへの花むけにもなるでしょう。

就任祝い

就任祝いでも使われるスタンド花。

会社の支店や営業所の新たな責任者として、赴任してきた新支店長等に向けた就任祝いとして贈るのです。

これもまた、贈られた人の信頼感や人脈の広さをスタンド花の数で知ることもできますし、新規一転、頑張る責任者を応援する意味でも、本人の喜びを高めてくれる素晴らしい贈り物となります。

また、オフィスの受付等に立てられることで、会社や責任者の日頃のお付き合いの広さや深さを、訪れる人に伝えるPR効果もあるのです。

スタンド花の贈り方

では、ビジネス用のスタンド花を贈る方法を説明していくことにしましょう。

スタンド花を贈る旨を伝える

スタンド花を贈る際に注意しなくてはならないことは、事前に贈ることを相手先に伝えておく必要があることです。

たとえお祝いであっても、何の連絡もなしでは、受け取る側が困ってしまいます。

まずは、電話やメール等で相手先の担当者にお祝いの連絡して、記念式典等がが催される場合には、前日までに贈るように、予め前日に届く旨を伝え。受け取りができる時間帯も革新しておくことが必要です。

それによって、先方の受け取りがスムーズになります。

送り先の雰囲気や広さについて調べる

また、贈る相手先の雰囲気や広さも調べておくことです。

スタンド花は、かなりのスペースを占有してしまいます。

そのために贈り先のスペースにマッチした物を選ぶ必要があります。

置く場所が狭い所に合わない大きさのスタンド花を贈ると、せっかくのお祝いが逆に迷惑になってしまう可能性があります。

また、相手の会社があまり派手なことを好まないのであれば、スタンド花も慎ましいものにすることも考慮した方がいいでしょう。

スタンド花を選ぶ

そして、どんなスタンド花を選ぶかも考えなくはなりません。

スタンド花も、花を飾るスタンドには、様々な種類があります。

弔事では、4本足スタンドが常識ですが、お祝い事では、シチュエーションに合わせて色々なスタンドの中から選ぶことになります。

見た目が鮮やかなアイアンスタンドは、アート的なものやスタイリッシュなスタンドまであり、幅広いラインアップがあります。

また、コーンスタンドは、上部に広がっている逆三角形デザインで、これもまたスタイリッシュさが印象的です。

これらの中から、贈る相手先にマッチしたものを選ぶようにしましょう。

立て札を書く

祝いの時のスタンド花では、札をつけて贈るのが必須とされています。

立て札は多くのスタンド花が立ち並ぶ中で、贈り主の情報がすぐに分かるように伝える役割があるからです。

札の向きは縦書きが基本で、ビジネスシーンでは、木札に縦書きで表記することが一般的です。

また、お祝い文字を入れることも重要で、朱色の文字でお祝い言葉、贈り主名は黒文字を使います。

法人へスタンド花を贈るときの注意点

では、企業等にスタンド花を贈る時には、どのような点に注意すべきでしょうか?

立て札を立てる

ビジネス用のスタンド花を取引先に贈る時には、立て札を立てることが必須と言われています。

但し、お祝い向けのスタンド花と葬儀等に送る供花でも、立て札は書き方が同じように見えますが、開店祝い・就任祝い・移転祝いのお祝いのスタンド花を贈る時には、そのシーンに合せてお祝いの言葉を選択する必要があります。

この言葉は、贈る目的を一言で表した言葉となるので、企業でのお祝い事やお悔やみでは、相手先に失礼にならないような文言を考えることが大切です。

シーンによって花の色には注意

また、贈る場面によっては、花の色にも注意しましょう。

特に移転・開店祝いにおいては、火事を連想する赤を使うことはタブーとされています。

花だけでなく、スタンドも赤いものは避けることが大拙です。

但し、相手企業のロゴマークに合わせて贈る場合は問題ないので、その色合いを意識しておくことも必要です。

また、造花やプリザーブドフラワーは、イキイキとしていないので、スタンド花には使わない方が無難です。

回収も行っている花屋を選ぶ

次に注意しておかなければならないことが、スタンド花を回収してくれる花屋を選ぶことです。

スタンド花を扱っているショップは、回収日時が決まっている場合、回収もしてくれるのが基本です。

始めはきれいなスタンド花でも、長く置いておくと、枯れて匂いもきつくなってきます。

まら、葉が落ちて汚してしまう可能性もあります。

しかし、無料で回収しないと、贈った相手先が自ら粗大ゴミとして処分をするか、回収業者を頼まなければなりませんので、結果的に迷惑をかけることになります。

予算に合わせて選ぶ

そして、予算に合わせて選ぶことも必要です。

ビジネスシーンでは、祝いでは相手先との関係や会社の規模によって相場が異なってきます

しかし、お祝いのスタンド花の金額が相場より高くなると、逆に気を遣わせてしまうことにもなりかねませんので、相手との関係に応じたスタンド花を贈るようにしましょう。

一般的には、相場は1万円〜2万円となっていますが、重要な取引先であれば、3万円~5万円と少し高めのスタンド花でもいいでしょう。

法人へスタンド花を贈る時におすすめショップ

ここからは、企業にスタンド花を贈る時のおすすめできるショップを紹介します。

プレミアガーデン

プレミアガーデンは、高級のスタンド花を専門に取り扱っているフラワーショップです。

中でも高級胡蝶蘭も数多く揃えていますが、特にスタンド花は、10,000円前後の平均的なスタンド花で贈り物として選ばれています。

また、企業の役職者の昇進・就任祝いや、経済界の重要な人達に向けた贈答用としても、15,000円~20,000円クラスのスタンド花に人気があり、色々なシーンで選ばれています。

また、ECフラワーサービスも行っていますので、全国発送も可能です。

公式サイトはこちら

日比谷花壇

16,500円の1段スタンド花から、33,000円の高級スタンド花まで20種類ものラインアップを持っている日比谷花壇。

日比谷花壇は扱う華やかなスタンド花は、新規開店のお店でも通る人の目を強く惹き付けています。

劇場・発表会等のイベントを華やかにしてくれることでも定評のあるショップで、スタンド花による集客効果を期待したり、店舗の開店祝いや移転祝いでも、多くの企業がオーダーしています。

公式サイトはこちら

HitoHana(ひとはな)

「ひとはな」は、スタンド花だけでなく、花や植物を扱っているネット型のフラワーショップです。

胡蝶蘭通販を行っていますが、金賞を受賞した産地直送の胡蝶蘭を用意していますが、10,000円~30,000円と豊富なバリエーションのスタンド花も手がけています。

開店祝い・開業祝い・移転祝い等のお祝い事で、予算に応じたマッチしたスタンド花をコーディネートしてくれるのです。

公式サイトはこちら

まとめ

法人用のスタンド花は、企業の色々な行事やイベントで贈る機会がたくさんあります。

それだけに、相手先に喜ばれる素晴らしいスタンド花を選ばなければなりません。

しかし、自分だけではその選択が難しいことも少なくないでしょう。

相手先に相応しいスタンド花を贈るためには、ここで紹介してきたことをしっかりと認識して選択することで、誰が見ても納得できる結果になることと思います。