スタンド花には回収業者が必要?よくある質問とおすすめ業者まとめ

花 配送

開店祝いや開業祝いでよく贈られることのあるスタンド花。当然、生のお花なのでいずれ枯れてしまうため片付けなくてはいけません。ですからスタンド花を贈った後には、概ね終わったお花を回収して貰っているのですが、どんな手順で行われているかご存知ですか?

贈り先に迷惑をかけないためにも、しっかりと回収について知っておく必要があります。

今回は、スタンド花を回収してくれるおすすめの回収業者と、よくある質問にお答えしました。

飾った後の スタンド花は 回収はどうする?

スタンド花は、花束やアレンジメントフラワーと違い、飾った後の片付けに手間がかかる商品です。

スタンド花を飾った後、どのような手順で処理を行っているのでしょうか。

飾ってからの手順を1つずつみていきましょう。

  • お花を配る
  • お花屋さんに回収してもらう
  • (回収を断られた場合)回収業者に依頼する

お花を配る

設置が1日~2日程だった場合には、まだ時間も経っておらず元気なお花もまだ残っているでしょうから、お花を抜き取って持って帰ってもらうと良いでしょう。

開店祝いの場合でも、長く置いておきたくない場合には、来てくれたお客さんにサービスとして配ってもいいかもしれません。

ライブの場合には、アーティストの方の方からお客様向けに「楽屋花を持って帰っていいよ」と言ってくれる場合があります。そうすると回収も楽になりますし、ライブイベントの思い出も持って帰ることができるので一石二鳥ですね。

地域によっては、花が早くなることが人気店の証拠で縁起がいいといわれています。

ですが、そういった習慣がない場所や宣伝のために長く置いておきたいという場合もありますので、方針に合った方法を選びましょう。

お花屋さんに回収してもらう

回収日時が決まっている場合は、配達で届けてくれたお花屋さんが回収をしてくれるのが基本です。

長く置いておいた場合、花が枯れてニオイも出てきますし、花弁や葉が落ちて下を汚してしまいかねません。早めの撤去をおすすめします。届いた日にいつ回収するかどうかを決めておくと良いでしょう。

撤去は、花屋さんが無料で回収してくれたり、価格の中に回収料金も含まれる場合がほとんどです。回収に追加料金がかかってしまう場合もあります。

回収業者に依頼する

ごくまれに、回収を行っていない花屋さんがあります。その場合は、自分で粗大ごみとして処分をするか、回収業者に依頼をすることになります。

粗大ごみとして捨てるなら、花や花が刺さっているスポンジを捨て、スタンドだけにした状態にしなければなりません。また、有料粗大ごみ処理券を買ってきたり、配送をお願いする手間もあります。

数は少ないですが、スタンド花の回収専門の業者がありますので、そちらに対応してもらうと早く撤去が可能なはずです。

回収業者を使わずスムーズに撤収するには?

花屋

ダメになってしまった花を飾っていても、見栄えがよくないですし、立て札に書かれた贈り主のイメージも下がってしまいます。

スムーズに回収してもらうためには、届けてくれたお花屋さんに、回収日時は指定できるのか、いつ来てくれるのかを聞くことです。親切なお花屋さんなら、回収予定についても事前に聞いてもらえますので、予定日時を伝えましょう。

花屋が回収をしていない場合、送り主の方と相談して、回収業者を決めるといいかもしれません。回収業者を呼ばない場合は、花は可燃ごみとして出すことが可能ですが、スタンドは粗大ごみとして指定回収業者に回収してもらうほかありません。

植木鉢として粗大ごみで出す場合はすぐに来てもらえることは少なく、かなり手間がかかりますし、お金もかかります。

回収業者に スタンド花を引き取ってもらう場合

回収はしていない、引き取りを拒否されてしまった場合には、スタンド花の回収業者を呼ぶ必要があります。

回収してもらえる業者に連絡をして、回収の日時を決め料金を支払います。

回収場所やスタンド花の大きさを伝えると、費用を教えてもらえます。

胡蝶蘭は、スタンド花より更に回収してくれる業者が少ない印象ですが、場合によっては買取をしてくれる場合もありますので、スタンド花の他に胡蝶蘭も貰った場合にはおすすめです。

回収費用・価格は一鉢1,000円~。回収エリアでも変わりますし、分別がしてあるかでもかわります。業者によっては回収エリアを限定していますので、ホームページのお客様ガイドなどを参照して情報を確認をしておきましょう。

おすすめ回収業者

では、スタンド花を回収してくれる業者のおすすめを紹介します!

  • SeasonHearts
  • HitoHana

SeasonHearts

SeasonHearts

SeasonHeartsでは、東京を中心にスタンド花や胡蝶蘭の回収をしてくれます。

出張費3000円~15,000円と、エリアによって変わります。

スタンド花は800円、胡蝶蘭は1200円から回収してくれます。

HitoHana

HitoHana

HitoHanaで

3万円分のギフト券を購入する

レンタルグリーンを契約する

3万円分の商品を購入する

以上いずれかの条件をクリアすると、植物を無料引き取りしてくれます。

昼12時までの依頼で翌日引き取ってくれるので、すぐに片づけたいという場合には便利かもしれません。1回で8鉢~12鉢程度引き取ってくれて、HitoHanaで注文した商品以外も引き取ってくれます。

観葉植物なども一緒に回収してほしいという場合にもおすすめです。

まとめ

お祝いでもらうスタンド花ですが、枯れた後は回収というひと手間があります。

ほとんどの場合が届けてくれたお花屋さんが回収してくれますが、回収してくれないお花屋さんもあるので注意が必要です。

贈る時には、必ず回収までしてくれるお花屋さんを選ぶことをおすすめします。