ライブでよく見かけるフラスタとは?贈り方とおすすめのショップを紹介!

アイドルやバンドのライブやコンサートで、華やかでキラキラとした大きなお花を目にしたことはありませんか?

推しに気持ちを伝える手段として、ファンの間で人気なのがその大きなお花「フラスタ」です。

今回はそのフラスタを送る際のステップを3つに分けてコンパクトにお伝えしていきます。

自分も推しに目に見えるプレゼントを贈りたい!という方はぜひ参考にしてください。

フラスタとは?

フラスタの贈り方の前に、簡単にフラスタの概要をご紹介します。

フラスタは、フラワースタンド・スタンド花とも呼ばれる、スタンドの上に飾り付けられたアレンジ花のことを指します。

開店祝いや、展覧会などに飾る場合はスタンド花と呼び、アイドルやアニメ、V系バンドなどに送る場合はフラスタ・フラワースタンドと呼ばれることが多いです。

このフラスタはお花だけでなくバルーン、ぬいぐるみ、LEDなども装飾して、他のフラスタよりも目立つものが人気となっています。

ただ、目立つものを贈ろうとするとどうしても費用がかかってしまうため、ファンの間でカンパを募って1つのものを推しに贈るということもよくあります。気になる方はファンコミュニティなどを覗いてみるといいかもしれません。

もちろんリーズナブルな価格で個人で贈ることも可能ですので、ぜひフラスタにチャレンジしてみてくださいね。

フラスタの贈り方とは?

ここからはフラスタを贈る時の流れを3つのステップに分けて紹介していきましょう。

STEP.1会場の確認

フラスタを贈りたい場合、まずはじめに会場の確認が必須です。

フラスタがよく贈られるイベントでは、イベント告知の段階でフラスタに関するレギュレーションを出していることが多いため、まずは公式サイトをチェックしておきましょう。

レギュレーションが出されていない場合でも自由に贈れる訳ではありません。

フラスタに搬入は一般的に業者が行うため、搬入時間や、場所を明確にしておかなければそもそも贈ることができないのです。

フラスタを贈る場合はまずは、公式サイトを確認し、見つからない場合も運営側に必ず問い合わせるようにしましょう。

STEP2.フラスタパネルの作成

フラスタパネルの作成は必須ではありませんが、自作することで推しにより気持ちを伝えられるかもしれません。

もちろんフラスタパネルは購入することも可能ですのでご安心ください。

フラスタパネルは基本的にA3サイズとなります。

フラスタパネルにイラストや、写真だけを入れる方もいらっしゃいますが、基本的には

  • 祝〇〇
  • イベント名
  • 送り先の名前
  • 送り主の名前

が入ります。

送り主が複数の場合はファン一同・有志一同などが入ります。

また、フラスタパネルにタブレットなどを使用するフラスタもありますが、イベントによっては電子機器の装飾が禁止されている場合もあるので、事前によく確認してくださいね。

STEP.3フラスタの購入

会場の確認が取れたらフラスタ選びです。当日の一週間前にはフラスタを決めて購入もすんでいることが望ましいです。

フラスタは安いものでは15,000円の一段+バルーン付きのもの。さらにボリュームがでる二段のものでは30,000円程度が相場になります。

ただ、相場で購入しようと思っても結局予算を超えてしまうことが多いため、事前にどんなものを贈りたいのか明確にしておくことをおすすめします。

また、フラスタの購入はweb上のフラワーショップからというケースがほとんどです。

自身でパネルを作成して購入したフラスタに装飾してもらいたい場合は、フラワーショップにパネルを郵送し、取り付けてもらってそのまま会場に郵送という形になります。

フラワーショップによって、取り付けてもらえない場合もあるので、ショップ選びの段階でよく確認しておきましょう。

フラスタ購入で一番気をつけるべきポイントは回収についてです。

フラスタは基本的に持ち帰ることなく業者かフラワーショップに回収してもらうことになります。

フラスタ自体の値段が安くても送料・回収料が高くついた……なんてこともあるので、予算の中には回収の費用も入れておくか、回収無料のフラワーショップを利用することをおすすめします。

フラスタを購入するショップ選びのポイントとは?

フラスタのショップ選びのポイントは

  • 回収サービスはあるか?
  • 実際に送られるフラスタを写真で確認できるか?
  • 自作のパネルを装飾できるか?
  • 料金

以上の4つです。

回収サービスの有無は先ほど紹介した通り、最低限のマナーですので必ず考えておいてください。

また、フラスタはあくまで植物です。そのため商品ページの写真と、贈られる商品に多少の違いがあります。フラワーショップの中には実際の商品の写真を送ってくれるところもあるため、心配な方はぜひ利用してみてください。

また、料金は実際問題ショップ選びの重要なポイントになります。

ただ、安さで選ぶのではなくコスパを重視して、予算の中でより理想に近いフラスタを選んでくださいね。

コスパの良いフラワーショップを下にまとめましたので、ぜひショップ選びの参考にしてみてください。

Flower Shop Lynx

Flower Shop Lynxは歌舞伎町で24時間営業している、人気のフラワーショップです。

お花だけでなく様々なバルーンも用意しているため、推しのイメージにあったフラスタを気軽に贈ることができると話題のフラワーショップです。

プレミアガーデン

高級感のあるフラスタをリーズナブルな価格で販売していると評判のフラワーショップです。簡単な装飾であれば無料で行なっていることと、回収サービスも無料で実施しているため、特に初めてフラスタを贈るという方にはおすすめです。

ハナノキ

ハナノキはオタクに優しいと評判のフラワーショップです。

予算だけでなく、パネルの相談も受けてくれるので、よりイメージに近いフラスタを贈れるかもしれません。

また、豪華なフラスタのためにカンパを募りたいと考えた場合にもSNSで協力を呼びかけてくれるなど、サービスが充実しているため、凝ったフラスタを贈りたい人におすすめのフラワーショップです。

まとめ

フラスタは推しに物理的に気持ちを伝えるための有効的な手段です。

またフラスタは、贈ることでファン同士の交流が深まったり、他の団体とどちらがより良いフラスタを用意できるか競うなど、エンタメ性に富んだ贈り物です。

この機会にぜひ推しにフラスタを送ってみてはいかがでしょうか?