スタンド花を贈るときには回収が必要!購入のポイントについて解説

スタンド花を贈ろうとしている方は、贈ったスタンド花はそのあとどうなるのか考えることもあるかと思います。

スタンド花は、相手を喜ばすために贈るものです。

しかし贈ったあとのことを考えずにいると、スタンド花がいわゆる「負け花」になってしまうことも……。

今回はスタンド花を贈るうえで考えなければならない、あとの回収について解説していきます。ぜひスタンド花を贈る際は参考にしてください。

スタンド花は回収してくれるの?

スタンド花回収①

お祝いなど華やかな場に贈られることの多いスタンド花は、現在ではほとんどの業者が無料で回収してくれるサービスを行っています。

また西日本ではスタンド花をお客様に配るという風習があり、回収が必要のない地域があります。

購入の際はその地域がどのような処理を行っているのか業者や、関係者に確認してみましょう。

またスタンド花をお客様に配る風習がない地域でも、スタンド花を回収してくれない業者は存在しているため、業者を選ぶ際には注意が必要です。

スタンド花を回収できない業者で買ってしまうとどうなる?

スタンド花の回収のサービスを行っていない業者でスタンド花を購入してしまった場合、受け取り手は、大変困ったことになります。

開店祝いやコンサート・舞台など、華やかでおめでたい場に贈られるスタンド花。

気持ちのこもったスタンド花をもらうとその場は盛り上がり、その場は幸せな空気になると思います。

しかし後日、受け取り手は受け取ったスタンド花の処理について考えなくてはいけません。

捨てるのは申し訳ない気持ちになりますし、管理も複雑で難しい、だからといって放っておくと枯れてしまう。

そしていざ処理しようと思うと、花のほかにもスタンド部分の分解、分別など、考えたくないものがたくさんあり悩みの種となってしまいます。

スタンド花を贈る際、相手に喜んでもらうことを考えるのならば、贈るだけではなく、贈ったあとのことも考えてあげなくてはいけません。

スタンド花は管理や処理が難しく、もらったあとにどうすればいいか分からない方がほとんどかと思います。

そのためほとんどのスタンド花は業者に回収してもらうことが一般的です。

せっかく、祝福の気持ちで贈ったスタンド花が朽ち果てた姿になり、受け取り手にとって困った存在となってしまうことは避けたいですよね。

スタンド花を回収してくれなかったときに起こる「負け花」とは?

スタンド花回収②

贈り主の知らないところで、相手をがっかりさせてしまうスタンド花のことを「負け花」と呼びます。

ほかのスタンド花より目立たないものや、雰囲気に合っていないものなどを「負け花」呼ぶこともあります。

しかしほとんどの場合気持ちがこもっていれば、それだけでもらうと嬉しいのがスタンド花です。

そのため、よっぽどでない限りスタンド花自体が「負け花」になることはあまりありません。

しかし、受け取り手に枯れたスタンド花の処理を任せるようなことがあれば、どんなに豪華で目立つスタンド花でもそれは「負け花」となってしまいます。

スタンド花を選ぶ際は色や装飾も大切です。

しかしそのスタンド花を「負け花」にさせないように、回収のことを考慮するのも大切だと覚えておきましょう。

スタンド花は回収してくれるお店で購入しよう!

スタンド花回収③

スタンド花で相手を喜ばせるためには、気をつかうことが多くあります。

もちろんもっとも気をつかうことは、スタンド花を贈った相手が「喜んでくれるか」を考えて、スタンド花のデザインや種類を選ぶことかと思います。

ほかにもメッセージカードの内容や木札の書き方など、贈る側が気をつかうことはたくさんありますよね。

しかし「喜んでくれるか」だけでなく、相手が「がっかりしないか」を考えることもとても大切です。

もっとも受け取り手をがっかりさせてしまう枯れた花の処理。

これを避けるため、スタンド花を贈る際にはその業者がスタンド花の回収サービスを行っているかしっかりと確認するようにしょう。

前述したとおり、現在では多くの業者が、無料でスタンド花の回収サービスを行っています。

しかし、中には回収サービスを行っていない業者や、有料の回収サービスを行っている業者、回収に予約が必要な業者など、さまざまな業者が存在しています。

スタンド花を贈りたいと考えている場合は、まず販売業者がどのような回収サービスを行っているかあらかじめ下調べしておきましょう。

そしてきちんと回収の日時を調整し、贈ったスタンド花が受け取り手の悩みにならないよう配慮をすることが大切です。

まとめ

スタンド花を贈る場面は、ほとんどの場合が結婚や開業などおめでたい場です。

そのような場を盛り上げ、祝福の気持ちを相手にきちんと伝えるスタンド花。

そんなスタンド花が相手をがっかりさせてしまうのは、大変もったいないかと思います。

相手をがっかりさせないようスタンド花を贈る際は、回収のこともしっかりと考えるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする